いだてん28話のあらすじ7月28日【動画視聴方法】

いだてん28話のあらすじ7月28日【動画視聴方法】

 

なほこ
今回のいだてん28話は、「西郷どん」に繋がる犬養毅の過去が紹介され、平和とは、きちんと話し合う事だと感じました。
なんだか、戦争に向かいそうな風が吹いている今、消費税アップで武器を買わないでほしいと思う
いだてんでした。
 

 

いだてんの28話(7月28日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

なほこ
28話は、放送当日の終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて配信が開始されますよ!
U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

U-NEXTの公式サイトを見てみる↓↓

 

大河ドラマ(いだてん28話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん28話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年5月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてん 28話 走れ大地を(あらすじ)


 

5.15事件のその日、オリンピック応援歌「走れ大地を」が決定

メダルを取れる奴が選手という田畑の想いとこれまでの功績のある高山

田畑を理解する女性(後の結婚相手)

 

田畑のスクープと結婚

今回のいだてんはロサンゼルスオリンピックに向けて、相変わらずかけまわっている田畑政治(阿部サダヲ)の姿と破滅へ向かう日本の姿が描かれていました。

最初は、田畑の結婚問題・・・水泳の事ばかりで日米対抗戦に奔走する田畑は、前回のオリンピック参加のために予算をつけてくれた高橋是清(萩原健一)に会いに行きます。

高橋是清は「君は政治部の記者に向いていない」そう言って次の総理大臣に犬養毅が任命されることを田畑に伝えます。

 

なほこ
政治部の記者なのに政治の話を全くせずに水泳の話しかしない田畑を高橋是清が気に入っているから政治の話でも手柄を立てさせてやりたいという優しさを感じるシーンです。萩原健一さんは3月26日に亡くなりました。お元気そうな姿で演じてらしゃる姿に亡くなったことが信じられないという声もありました。

さてこの大スクープを新聞社に伝える田畑ですが、普通の人なら何を言っているのかわかりません。

それなのに朝刊には、このスクープがきちんと乗っています。

この時の田畑の言葉を解読してスクープを記事に出来たのは、酒井菊枝(麻生久美子)のおかげです。

緒方部長(リリー・フランキー)はそんな二人を結婚させようとします。

今後を見守るしかないですが、田畑は今はそんな気持ちもなさそうです。

 

メダルを取れる実力があるものが選手

 

日米対抗戦の大会も日本の選手がメダルをより多くとり、成功におさめましたが、田畑は「時差・長旅でやってきたアメリカの選手のハンデを考えたら少ない」と言います。

「メダルを取ってアメリカに勝つ」田畑はその基本方針を選手たちに告げます。

 

特に「キャプテンとしてロサンゼルスに連れていく、けれどメダルの取れない選手は試合に出さない」と言われた高山(斎藤工)は、ショックを受けます。

 

なほこ
「功績はあっても勝てなければオリンピックに出られない」東京オリンピックを前にした2019年も予選で散っていくかつてのメダリストたちがいます。辛い現実ですが、国の代表を選ぶのにはある程度の非情な心も必要なのかもしれないです。

 

戦争に歩みだす日本と犬養毅の想い

なほこ
中学・高校の授業では大政奉還で終わってしまったという世代も多い中、試験勉強のために調べた満州事変・5.15事件が今回のいだてんで描かれます。日本が作った満州鉄道を中国人が破壊したという事件です。実はこれは日本軍の自作自演で、満州を我が物にするために軍が暴走した事件だったのです。

 

NHKのドラマの中で語られているので、明確な根拠があると思われるこの事件で、犬養毅は、戦争に対して「話し合う、武力行使はしない」という立場を表明しました。

この頃から、新聞も書きたいことをかけなくなりつつありました。

日本軍に都合の悪いことを書く自由が少しずつ奪われてきたのです。

そんな中、陸上を応援する事で田畑とライバル関係だった記者の河野一郎(桐谷健太)が政治の世界を目指すために新聞社を辞めます。

なほこ
平和という正義が、徐々に戦争をしたがる誰かにに侵食されて行くジワジワした怖さを今回感じます。

その頃田畑はロサンゼルスオリンピックの応援歌を公募して出来上がったお披露目会の準備をしています。

人見絹江のメダルを共に喜び合った河野の退社は、田畑にとってもさみしいものでしたが、いつでも前だけ向いて突っ走る田畑はオリンピックに没頭します。

そして応援歌が発表されるのが1932年5月15日です。

その日首相官邸には「武力で中国から満州を奪うことは認めない」そう言った犬養毅を暗殺するために青年将校たちが押し寄せ暗殺をします。

銃を向けられても犬養毅は毅然とした態度で、彼らと話し合おうとします。

けれど話し合いをせずに彼らは犬養毅に向かい一斉に銃を撃ちます。

なほこ
この時、犬養毅の言うように中国の人から満州を奪う事をしなければ、日本は中国から敵とみられることはなかったかもしれません。第二次世界大戦の悲劇はなかったかもしれません。

「武力に頼ってはならん、人間同士向き合って話せばわかりあえるんだよ」犬養毅からこの言葉を聞かされていた田畑はそれを伝えたいと緒方に言います。

「これ以上軍部ににらまれる記事は載せられない」緒方の言葉にやっと目覚めた政治記者としての思いを胸にしまい、ロサンゼルスオリンピックに向かう田畑の姿が描かれました。

 

なほこ
犬養毅がかつて新聞記者時代に「田原坂の戦い(西南戦争)」を取材していた従軍記者だったことが紹介されました。「西郷どん」を見ていた人には、西郷隆盛は話し合うつもりで東京に向かったことを覚えていると思います。もしかしたら、犬養毅には西郷の想いが伝わっていたのかもしれません。

 

見逃した方はこちらでどうぞ

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加