いだてん第27話あらすじ・見逃し動画!

いだてん第27話あらすじ・見逃し動画!

27話 「替わり目」

 

今回のいだてんの見どころ

 

・人生の岐路にたつ金栗四三と孝蔵(志ん生)

・四三の兄実次の死

・政治の打倒アメリカ計画と東京オリンピック

 

落語しかできない孝蔵と、役目を終えつつある四三

 

相変わらず、適当なことばっかりやっていて、3人目の子供が生まれるのに、新しい師匠からも破門された孝蔵(森山未來)。

 

「落語をやめるのなら、商売でもやったらどうだ」と妻おりん(夏帆)から言われて納豆売りをしてみますが、高座なら出る声が、道端では出せません。

 

そんな孝蔵におりんは、「高座に戻ってほしい」とおりんの本心を言います。

落語家として、どうするかの岐路に立たされた孝蔵。

 

四三(中村勘九郎)も兄実次東京に出てきた時に「熊本に戻ってこい」と言われます。

 

 

どこか、結論を先延ばしにしてしまっている四三にも転機が訪れます。

 

家族として実次の死を悲しむ幾江

 

四三が水浴びをしていると、兄・実次(中村獅童)のキトクを伝える電報が来ます。

 

大急ぎで熊本に帰る四三ですが、今のように飛行機があるわけでもありません。

 

四三が、熊本に着いた時には、冷たくなっていた兄でした。

 

四三がまだ幼い頃父が死に、まるで父親のように四三を育ててくれた実次の死です。

 

池部の家からは、幾江(大竹しのぶ)・スヤ(綾瀬はるか)もやってきます。

 

夫には先立たれ、ひとり息子も失くし、嫁だったスヤを実の娘として、四三という婿養子をもらった幾江にとって、家にいない四三の代わりに、文句を言える相手が実次でした。

 

金栗の母(宮崎美子)に「息子に先立たれるのは辛いだろう」と、慰めながらも我が息子のように実次の死を悲しんだのは、幾江も同じでした。

 

 

なほこ
大きな池部の家を支え、守ってきた女主人の大きさと、実次に対する深い家族愛が幾江から感じられ、大竹しのぶの演技力に涙したという感想もありました。

 

陸上を続けてきた四三が、兄のために出来たこと

 

貧乏な農家なのに、四三を東京の学校(現在の筑波大学)で勉強させるために頑張った実次。

四三が最初のオリンピックに出たいと言った時、農家の命である畑を売ってまで、四三の夢を叶えようと、駆けずり回り、あちこちに頭を下げまくった実次。

 

四三は、してもらうばかりでしたが、四三が嘉納治五郎(役所広司)の元で学んでいたこととで、実次は、実次にとっても憧れの嘉納治五郎に柔道の相手をしてもらったと言っていました。

 

兄が四三のおかげで良かったことをあげるのに、嘘を言ったと思っていた四三は、嘉納治五郎から、兄の死を告げた時にそれが本当で会ったことを聞きます。

 

兄が憧れの人と柔道をする姿を思い浮かべ胸を熱くする四三。

 

繋がっていくもの

田畑政治は、相変わらず水泳競技のために走り回っています。

 

そして「打倒アメリカ」を掲げ神宮外苑に競技用のプールを立てる事や、日米の水泳の競技会をそこで行い、目の前で世界との戦いを日本のみんなに見せたいというのです。

 

なほこ
今の時代のようにテレビも、写真の技術もその迫力を伝えきれていない時代に多くの人に感動や興奮を共有してもらいたいという政治の夢は広がります。

 

その頃東京の都知事の部屋では、神武天皇が即位されてから、2600年経ったという記念行事を考えていました。

 

昭和15年1(945年)、それに合わせて東京オリンピックを招致しようと計画が立てられ始めました。

 

長年オリンピックに尽力してきた嘉納治五郎の名前も、東京オリンピックの招致に向けてのメンバーに名前が挙がっていました。

 

そして・・・東京オリンピックが決まりかけた頃、治五郎は、四三を呼び出します。

 

四三の気持ちは決まっていました。

 

だからこそ、心が動かないように、治五郎よりも先に「熊本に帰る」事を治五郎に告げます。

 

治五郎は、引き留めようとしますが、今度ばかりは四三の気持ちは動きません。

 

そこへ東京オリンピックの事でやってきた政治、治五郎は、四三と政治をその部屋に残し、野口(永山絢斗)と四三の決意の事を別室で話し始めます。

 

部屋に残された四三と政治。

 

「3回もオリンピックに出て一番の思い出は」

四三は、初めてのオリンピックの弥彦(生田斗真)との日々を思い出しています。

 

そして力尽きて、日射病で倒れた時、地元の人の温かい手当てと、食べさせてもらったお菓子の味。

 

悔しい思いで帰った電車の中など、思い出はたくさんありました。

 

「紅茶と甘いお菓子が美味しかった」

四三は、政治にそう答えます。

 

瀕死の心も体もボロボロの四三を生き返らせたのは、温かい紅茶と甘く体力を回復させるお菓子、これがあったからこそ、四三は、ずっと走り続けることが出来ました。

 

政治は、その答えに呆れますが、でも世界への挑戦に、踏み出した最初の一人でもある「金栗四三を「俺は認めている」と、四三が部屋を後にしたと思ってつぶやいていました。

 

そんな政治を見ながら、微笑む四三。

 

まるで後の日本スポーツ界を頼む、と言いたそうな顔で四三は、政治に「さよなら」と告げドアの向こうに消えていきます。

 

 

なほこ
あの初めてのオリンピックで金栗四三に紅茶とお菓子を与えてくれた家族を演じたのは、現実に金栗四三にお菓子を与えてくれた家族の子孫が、出演してくれました。人間の歴史はこんな風に繋がっていくことを思い起こさせてくれる四三から政治へのバトンタッチの綺麗なシーンで27話は終わりました。

 

 

いだてん27話のあらすじ7月14日【動画視聴方法】

 

 

 

いだてんの27話(7月14日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

なほこ
27話は、放送当日の終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて配信が開始されますよ!

 

U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

U-NEXTの公式サイトを見てみる↓↓

 

大河ドラマ(いだてん27話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん27話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年5月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加