いだてん韋駄天の意味がわかる24話の動画を見てみる!

いだてん韋駄天の意味がわかる24話の動画を見てみる!
 

いだてん第24話種まく人

後悔の中の四三

11万人の死者・行方不明者を出した関東大震災。

体育協会の後片付けを手伝っていた四三(中村勘九郎)は、焼けてしまった体育協会の跡地に残った耐火金庫の中に思い出の品を見つけます。

あの日、本当ならシマと一緒にいたはずの四三。

競技場の見学に、行っていたならシマが行方不明になる事はありませんでした。

シマに予定を伝え忘れた自分を四三は、責めます。

焼け野原の東京に東京市長(イッセー尾形)は、迅速にみんなが寝泊まりできるバラックを立てています。

嘉納治五郎(役所広司)は、市長の元を訪れ、建設中の競技場にある資材を使って、競技場の中にバラックを建てることを提案します。

バラックの中には、シマを探す増野(柄本佑)もいます。

そんな被災者たちに自分も被災者でありながら食事を提供する人たちがいます。

小梅(橋本愛)も元気で頑張ってみんなに食事を提供しています。

なほこ
東日本大震災を描いた朝ドラあまちゃんで、被災して街から出られなくなった役のユイを演じた橋本愛は、ここではたくましく生きていました。そして橋本愛さんは熊本出身の女優で、熊本地震では、ご両親が被災されていたそうです。

増野に食事を与えながら、増野を連れてきた四三に「国に帰らなくていいの?」と熊本の家族も心配しているだろう」と問いかけます。

 

 

韋駄天(いだてん)の意味がわかった!

みんなの勧めもあって熊本に帰ってきた四三。

大きくなった息子や生まれたばかりの娘にも会えた喜びでスヤ(綾瀬はるか)と抱き合い喜びます。

久々に実次(中村獅童)たちとくつろいでいる四三に、「なんで、東京を見捨てて帰ってきた?」と、幾江(大竹しのぶ)は叱りつけます。

スヤは、四三の頑張りを伝え「やっと帰ってきたんです」とかばいます。

けれど、四三も心の中には、東京への思いがありました。

東京に居ても何もできない自分にしょげ返り、熊本に戻ってきた四三。

実次や幾江の言葉で、もう一度自分に出来ることを東京でやろうと戻る決意をします。

すると幾江は山ほどの救援物資を四三の前に差し出し、「韋駄天」という神さまの由来を話します。

人々のために走り、食べ物を集めて配った神さまが「韋駄天」

「ご馳走」の由来もそこから来ていると四三の母(宮崎美子)も笑います。

スヤと二人、背負えるだけの荷物をもって、東京に着くと、幾江はすでに部屋に入らない程の救援物資を播磨屋に送っていました。

東京じゅうの被災した人たちの元へ背負えるだけの食料をもって走る韋駄天四三。

そのあとには、教え子たちも続きます。

竹早の女学生たちも、炊き出しや支援物資の服なども集めたり、被災地の足場を直したりしていました。

夜は本音が現れる

孝蔵(森山未來)は落語をやる小屋もみんな焼けてしまったからやることがないと言って、妻のりん(夏帆)を置いてまた酒を飲みに外に出て行ってしまいます。

けれど孝蔵が見たのは、板を積み上げただけのような高座で人々に笑いを届けている落語家の仲間でした。

孝蔵も自然とそこに座り、人々を笑わせていました。

そして夜、その日は車引きの清さん(峯田和伸)と小梅のいるバラクに身を寄せ話をします。

そこへ聞こえてくるのは、すすり泣く声です。

昼間は気を張って明るくしていても、夜には辛い・切ない気持ちがみんなの心にやってきます。

小梅も清さんもそれを思いやって、明日には知らんふりしてまた笑おうとろうそくの明かりの中で話します。

四三は、物資を届けた帰り道、シマの幻影を見ます。

振り返ったシマは、何も言わずに去って行きます。
 

復興運動会

 
嘉納治五郎は、今後の事を話す中で、復興のための運動会をやろうと提案しますが、自治会長の清さんは、「娯楽は間に合っている」と嘉納治五郎の提案を一度は否定します。

けれど増野が来て、「復興運動会をしたら、シマが来るかもしれない」そう言って実施をお願いしています。

清さんたち自治会長の賛成も取り付け、運動会は開催されることになりました。

子供達は大喜びで走っています。

大人たちにも大人たち用の競技で楽しんでいるところに、シマを訪ねて人見絹江(栗原小春)がやって来ました。

シマの手紙のおかげで陸上に出て日本新記録を取ったことのお礼を言いたいと来たのです。

増野と四三は、その手紙を黙って読みます。

そして絹江にも運動会に出て走るように促します。

絹江と一緒に走るのは、富江(黒島結菜)です。

そんな二人を見守り、微笑んで拍手するシマの姿を見付ける増野。

よろこんで近寄ろうとしますが、夢のように消えてしまったシマ。

増野は、これからの女子選手に夢を託し天に上ったシマを感じとります。

そして最終レースは、オリンピックに出場した選手たち、四三の横に突然やってきた痛快男子三島弥彦(生田斗真)の参加に、ギャラリーも大盛り上がり。

なほこ
ちゃっかりぶっちぎりで優勝してしまう弥彦、オールスターが揃った四三編の最終回です。

韋駄天が走るとみんなが笑顔になる。

スヤはそんな嘉納治五郎の言葉に、「バカが走るからみんなが喜ぶだけです」とまっすぐ過ぎる四三を嬉しそうに見ていいます。

 

見逃した方はいだてんを動画で見れます!こちらでどうぞ

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

なほこ
17話は、放送当日の終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて配信が開始されますよ!
 

U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

U-NEXTの公式サイトを見てみる↓↓

 

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん24話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年6月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加