いだてん23話【動画視聴方法】6月16日あらすじ

いだてん23話【動画視聴方法】6月16日あらすじ

なほこ
今回橋本愛さん演じる小梅についての安否がわからないのですが、ツイッターに悲しみをこらえて明るく振る舞う清さん(小梅の夫)とあったので、小梅も絶望的なのか思いました。

 

いだてんの23話(6月16日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

なほこ
23話は、放送当日の終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて配信が開始されますよ!
U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

3話をU-NEXTで見る↓↓

 

大河ドラマ(いだてん23話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん23話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年5月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてん第23話(6月16日)『大地』あらすじ

 

いだてん第23話「大地」

 

女子体育を広めるための一歩

今では当たり前の女子の生足、大正時代には村田富江(黒島結菜)が靴下を脱いで走ったことで大問題になり、四三は学校をクビになる危機です。

生徒たちは「パパ」と呼んで慕っている四三(中村勘三郎)を辞めさせたくなくて、教室に立てこもります。

でも頭の固い村田の父(板尾創路)は、女の体はスポーツに向かないと勝手な持論を言い出します。

これに怒ったのはシマ(杉咲花)でした。

「だったら、お父様と富江さんで競争してみたらどうか」

勝負は圧倒的な差で富江の勝ちでした。

納得いかない父親は100m競争を6回もやり直しさせますが、全く歯が立ちません。

この成果により、四三の教師としての首はつながりました。

その話を嘉納治五郎(役所広司)にする四三とシマ。

シマの腕には、娘のりくもいます。

治五郎は愉快そうに二人の話を聞き、神宮に競技場がもうじきできる話をし、東京オリンピックの夢を語ります。

四三は、シマに治五郎にりくを抱っこしてもらうように促します。

 

なほこ
覚えている人も多いと思います。体の弱かった四三が、嘉納治五郎に抱っこしてもらうために治五郎が来ている熊本の学校に、父と出向いた日の事。四三は、あの時には抱っこしてもらえませんでしたが、シマの娘は、これで健康になるでしょう。

 

関東大震災の日

話はのちの志ん生(ビートたけし)、孝蔵(森山未來)に移ります。

相変わらず、飲んだくれていて妻のおりん(夏帆)に苦労を掛けている孝蔵。

おりんの親も、仲人をした小梅(橋本愛)も「わかれてしまえ」というのですが、おりんは何も言いません。

そして…時は1923年(大正12年)9月1日。

 

 

 

学校は始業式で、シマと生徒たちは、四三がまだ東京に出てきた頃に観光した浅草凌雲閣で、食事をして浅草オペラを見に行く約束をしていました。

本当だったら、シマは四三と、治五郎の神宮競技場を見に行く日だったのですが、四三がシマに伝えるのを忘れていたので、シマは生徒との約束の浅草に向かいました。

シマは、娘のりくを、四三の下宿先の黒坂の家に預けて浅草に向かう時、りくは火が付いたように大泣きして、母親を追う仕草をします。

 

なほこ
100年近くたった今でもこの日は、防災の日とされている大惨事「関東大震災の日」です。時計の針のズームアップが、哀しみを感じさせます。「大泣きするりくが何かを予感していたのでは」というつぶやきもありました。

 

治五郎と行った完成間近の競技場で一人走る四三。

シマは行けなかった競技場を双眼鏡で、凌雲閣の高いところから見ています。

そして生徒たちと待ち合わせの正午前シマは、凌雲閣の前で待っています。

 

揺れる大地、巻き込まれる人たち

 

運命の11時58分、「柔道を世界に広める」と言った治五郎と四三は、揺れる運動場の中に居ました。

 

家でごろごろしていた孝蔵は、酒屋の酒がこぼれて地面に吸われる前に酒を飲み干すと言って、酒屋に飛び込み酒を飲みます。

酔っぱらって家に帰ると「こんな時に」と、おりんに怒鳴りつけられる孝蔵、おりんは実は、孝蔵の子供を身ごもっていたのです。

それを告げられて、驚く孝蔵、驚いて外に出ると浅草方面は真っ赤…火の海です。


四三は、まず黒坂の家に戻ります。

するとりくの泣き声と、無事だった黒坂の家族が出てきます。

シマは、浅草に生徒と一緒に出掛けています。

浅草では、凌雲閣がぽっきりと折れて下敷きになった人もたくさんいます。

周りも火の海です。

そんな中、浅草に探しに来た四三は、熊本弁で話すので、外国人と間違われ、襲われそうになります。

そんな四三を助けたのは村田の父でした。

 

なほこ
この時、関東大震災による不安からとんでもないフェイクニュースが流れ、外国人が被害にあうという事件が起きました。未だに「これは嘘だ」という人もいますが、事実という色合いが強い事件です。詳しくは自分で調べてみて下さい。

 

村田の父は焼け野原で医師としてけが人の世話をしていました、娘の富江も一生懸命手伝っていました。

シマの行方を富江に聞くと、「凌雲閣で待ち合わせていてそこにいたはず」と言います。

振り返ると途中でぽっきり折れて火の中に浮かぶ凌雲閣。

絶望的な中、四三は、次の日も必死で増野(柄本佑)と一緒にシマを探します。

増野はその日の朝に限って、シマに文句を言ってしまった後悔を四三に話します。

泣きじゃくる増野は、りくを抱いて「陸上が好きだったシマが、陸上のりくと名前を付けた」と四三に伝えます。

そんな中現れたのは車引きの清さん(峯田和伸)が、四三や自分の生きていることを喜びます。

 

 

「こんな時だからこそ、喜べることは喜ぶ」そう言って、増野から、シマの写真を借りて車を引きながら、探しに行くと言ってくれました。

場面は1960年代に移り、関東大震災の話を志ん生の家でしていると、五りん(神木隆之介)が、祖母がこの地震で亡くなったと言って祖母の写真を見せてくれます。

そこに写っていたのは、シマの結婚式の写真でした。

 

 

なほこ

シマの死は、こんな形で伝えられましたが、もう1人浅草に居た小梅の安否もわかっていません。

小梅を演じた橋本愛さんは、朝ドラ「あまちゃん」で、東日本大震災の時の話も出ています。

宮藤官九郎が描く二つの大きな地震

レンタルなどで見比べてほしいです。

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加