いだてん22話6月9日菅原小春シーン【動画視聴方法】

いだてん22話6月9日【動画視聴方法】あらすじ

 

 

なほこ
今回のいだてん22話には、『NHK紅白歌合戦』で米津玄師のダンサーを務めた世界的ダンサーの菅原小春(27)が日本人女性初の五輪選手・人見絹枝役で登場!!
 

“役者デビュー”を果たした菅原小春さんの演技にも注目です!

 

いだてんの22話(6月9日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

なほこ
22話は、放送当日の終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて配信が開始されますよ!
U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

3話をU-NEXTで見る↓↓

 

大河ドラマ(いだてん22話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん22話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年5月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてん第22話(6月9日)『ビィーナスの誕生』あらすじ

 
いだてん第22話ビーナス誕生

 

孝蔵の結婚

22話は、志ん生の話から始まります。

師匠から真打にならないかと誘われ、ますが高座で着る服がないと断ります。

それを察した昔の同僚万朝(柄本時生)が孝蔵(森山未來)に羽織を贈ってくれ、師匠が羽織・袴、足袋に至るまで用意してくれました。

が…孝蔵はこれを全部質に入れてしまいます。

いわゆる飲む・打つ・買うという男の遊びをやり放題してしまったのです。

それで回りが心配して、奥さんをもらえば何とかなるだろうと、孝蔵の落語を見たことのあるおりん(夏帆)とお見合いさせました。

 

 
この頃の事を東京五輪の頃のりん(池波志乃)が語ります。

落語をする孝蔵を見て結婚を決めたのですが、結婚式のその日から、かけ事や吉原での女遊びに、もらったお祝いをもって出かけてしまうようなしょうもない男でした。

女遊びも博打も芸人用語で言うので、おりんは、芸人の勉強会と騙されて、近所の人にも明るくそれを伝えてしまいます。
 

なほこ
「知らぬが仏」そのままですね。池波志乃さんは、ねじねじスカーフの中尾彬さんの奥さんとして有名ですが、実は「志ん生」のお孫さんにあたります。池波志乃さんが演じているのは、自分の祖母の役なのです。
 

 

広がっていく女子体育

 


 
竹早のお嬢さん学校で、女子体育はどんどん広がっていき、靴下を履いた足をだし、腕をだして女子たちは、運動に励みます。

特に彼女達の心をとらえたのは、フランス人の女子テニス選手のウエアです。

当時の女学校は、良妻賢母を育てるのが目的ですから、村田(黒島結菜)たちは、四三の下宿先の店に行って、道具を借り自分たちで素敵なテニスウエアを作り上げます。

手作りのテニスウエアの村田たちは大人気で、あちこちのテニス大会でアイドル的な存在でした。

四三もこの頃は、女子体育の指導者として、名前が出始め、生徒からは「パパ」と呼ばれて信頼されていました。

村田たちのテニスウエアは、シマ(杉咲花)の夫(柄本佑)のデパートでも取り扱うようになり、女子の体育は浸透して行きました。
 

妊娠と仕事に悩むシマ

 
その頃、シマは妊娠していて、女子体育を進める中で、何もできない自分を責めていました。

そんなシマにスヤ(綾瀬はるか)は、「それはそれ、別物」と励ましてくれます。

四三も「でかした」とシマを大喜びで祝ってくれました。

 


 
恩師の二階堂トクヨ(寺島しのぶ)は女子体育の専門の学校(のちの日本女子体育大学)の校長として創設にかかわっていました。
 
野口(永山絢斗)が結婚しているのも知らず、片思いしていたので、自分は「女子体育と心中する」と言いながらも、シマを祝ってくれました。
 

岡山の大型新人「人見絹江」

 

四三は、女子体育の普及も含めて村田たちを全国に連れていきます。
 


 
テニスの姿を見たい人で、黒山の人だかりができる中、岡山の女学校で完敗してしまいます。

村田たちに勝ったのは身長170㎝の人見絹江、無表情な彼女は勝っても嬉しそうではなく、むしろ自分が女扱いされないことの怒りのような表情をしていました。

四三は、人見の可能性を知りたくて、走れる脚か、触らせてほしいと言いますが、年頃のましてやこの時代の女の子です。

四三は「無礼者」とばかりに蹴り飛ばされて、逃げられてしまいます。
 


 
けれどその逃げていく姿に、シマは可能性を感じていたようです。
 

なほこ
今回人見絹江を演じたのは、ダンサーの菅原小春さんです。
 

2018年の紅白では、米津玄師さんの「Lemon」にあわせてダンスを披露したことも話題になりました。

 
菅原小春さんも人見絹江と同じ170㎝と高身長です。

 

シマが出産したころ、スヤも熊本の池部の家に戻って女の子を出産していました。

女子たちの未来のために陸上大会を開いた四三たち。

シマはその大会に出てほしいと人見絹江に手紙を書きますが、この大会には出てもらえませんでした。
 

靴下を脱いだビーナス

 
陸上大会で、村田は靴が足にきつくなっていたので、早く走るために靴下を脱いで結果を出します。

今の時代なら、普通の光景ですが、女が素足をさらすとは何事かと大問題になりました。

この事は新聞沙汰になり、文部省までもがこの事を問題視しました。

村田の父親が学校に怒鳴り込み、四三を責めますが、オリンピックの現場では女子は手足を出して活躍しています。

そんな現場を見ている四三は、村田の父に反論しますが、これがさらに父の怒りに火をつけ
四三の退職の署名活動までに発展し、四三は学校を追われることになります。

これに反発した村田たちは、学校に立てこもり、「四三を退職させるな」と大人たちに抗議するシーンで、今回は終わります。

四三は、どうなるのか、さらに来週は東京を関東大震災が襲うようです。

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 
 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加