いだてんの18話(5月12日)動画とあらすじ感想!

いだてんの18話(5月12日)動画とあらすじ感想!

 

 

いだてんの18話(5月12日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

 

U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

18話をU-NEXTで見る↓↓

 

大河ドラマ(いだてん18話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん18話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年1月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてん第18話(5月12日)『冒険世界』あらすじ

いだてん第18話

 

 

四三の元に転がり込んできた美川

駅伝を成功させ、その後も日本中を駆け巡る四三(中村勘九郎)子供もできてますます、マラソンに力が入ります。

その頃東京に戻ってきた孝蔵(森山未來)は、顔なじみの芸妓小梅(橋本愛)が四三の熊本からの友人美川(勝地涼)と駆け落ちしたことを聞かされます。

別に独身同士で問題もないと思ったら、ヤクザの男の思われ人だった小梅は事もあろうに孝蔵と駆け落ちしたことにしてしまいました。

小梅は「とりあえず、ヤクザの男の元に戻るから、美川をかくまってほしい」と、四三の元に連れてきます。

女子体育はダンスから

この頃、女子の体育も盛んになってきたことをごりん(神木隆之介)は高座で話します。

説明している画像は四三の時代、女子教育に燃える二階堂(寺島しのぶ)とシマ(杉咲花)が動きやすい女子の服装を説明しています。

なほこ
動きやすい服と紹介されたのは、チュニック、チュニックってこの時代からあったんですね。ドラマの途中で妊娠中のスヤ(綾瀬はるか)も着ているシーンが出来ますが、かわいいです。

二階堂の取り入れた女子体育はダンスです。

永井(杉本哲太)の教えを受けていた二階堂でしたが、「永井の教えは古臭い」と全否定して永井を落ち込ませます。

一方弥彦(生田斗真)の元で体育を知ったシマもまた、四三のように走る体育を望んでいました。

四三のみたスヤの夢

美川のいる下宿にスヤが熊本から出てきます。

でも四三は、全国をはしりまわっていて、下宿にいつ戻るかわからないと言われ、スヤは美川に文句を言い始めます。

なほこ
まるで幾江(大竹しのぶ)が実次(中村獅童)に文句を言う勢いに似たシーンで、おっとりしたスヤさんも幾江さんの本当に娘になったと思わせるシーンです。

そんなスヤに美川は、勝手に読んだ四三の日記を「これを読んでみるといい」と言って手渡します。

スヤは葛藤しながらも、スヤの夢を見たことが書いてあると聞いて、四三の日記を読み始めます。

そこにはベルリンオリンピックで金メダルを取った祝勝会でみんなにスヤを紹介する四三の叶わなかった夢でした。

スヤはそれを読んで熊本に戻るため列車に乗ったちょうどその頃、下宿屋に戻ってきた四三。

黒坂に「たった今スヤがかえった」と聞かされ、列車を追いかける四三、韋駄天走りで追いついてスヤと話します。

四三は常に持ち歩いていたのか、スヤに安産祈願のお守りを渡します。

「夏には帰るから」そう約束してスヤは熊本に帰り、幾江の元で元気な男の子を産みます。

お産の息遣いも四三の2回吸って、2回吐くのをまねしながら。

生まれた男の子の名前は大正の大に明治の明で「正明」これまでは、スヤと幾江宛てに連名で書いていた四三の手紙も、幾江宛て、スヤ・正明宛に変わりました。

約束したのに夏に帰って来なかった四三の兄の実次、今度は幾江に、連名じゃないからスヤ宛の手紙が読めないと、怒られます。

なほこ
これは八つ当たりですね。(笑)

道半ばの人たち

東京では四三が、黒坂に足袋には使わないゴムで靴底を作れとまた無理難題を言っています。

それでなくても四三の活躍で足袋屋なのに運動選手のための足袋と言うか・・・ほぼシューズを作らされている黒坂は、怒り出します。

そして小梅を寝取ったことにされてしまった孝蔵の元にヤクザがやってきます。

車引きの清さんから、「今はお前の上の芸人はいくらでもいるが、いつかお前が一番になる、ほとぼりが冷めるまで、頑張って来てくれ」と、地方での修行をするように言われていたところでした。

ヤクザから見つかった孝蔵をかばうように盾になる清さん、孝蔵はそんな清さんに感謝しながら、東京をはなれます。

次の未来へ

戦争も終わり、師範学校の教えも海外の流行をたくさん取り入れられていました。

そして四三と野口(永山絢斗)は現在の箱根駅伝の元を作ります。

四三は、みんながタスキをつないで走るレースを一人で挑むと言い出し、完走しますが、一人で走る四三が、勝てるわけがありません。

でもこのレースには黒坂が、ゴムの靴底で作ってくれた新しい足袋シューズで四三は走りました。

四三はレースに負けましたが、黒坂のシューズは破ける事無く130キロのレースを耐え抜きました。

体育協会では、日本でもオリンピックが出来るようにと嘉納治五郎(役所広司)が、神宮に国立競技場を作ることを考えていた頃、クーベルタン男爵から、次のオリンピックを開催する通知が届き、18回は終わります。

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加