いだてんの6話(2月10日)動画を見逃したらここで見れる

いだてんの6話(2月10日)動画を見逃したらここで見れる

 

 

いだてんの6話(2月10日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

 

U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

6話をU-NEXTで見る↓↓

 

大河ドラマ(いだてん6話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん6話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年1月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてん第6話(2月10日)『お江戸日本橋』あらすじ

 

いだてん 第6話 お江戸日本橋

 

新しい足袋に喜ぶ四三

羽田の予選会で世界記録を出した金栗四三(中村勘九郎)、走るための足袋のことでどうしても足袋屋さんの力が借りたくてまた播磨屋にやってきました。

は、靴の底が破けて邪魔になったという事を言ったものだから、叱られて追い出されてしまいました。

今回はなかなか中に入れなかったところ、車引きの清さん(峯田和伸)に促されて足袋屋の中に入ると、黒坂(ピエール瀧)は、前回四三が落としていった足袋をみて、靴底をいままでの3倍の熱さの足袋を作ってくれていました。

足袋の留め金の位置まで走りやすいところに変えてくれて、それを履いた四三は大喜びで飛び出していきます。

その様子を見ていた黒坂に清さんは、「オリンピックに出るんだから」と言っても、黒坂には何の事やらさっぱりわかりません。

 

 

四三も弥彦も出ないと言い出し、どうなるオリンピック

嘉納治五郎(役所広司)たちオリンピックにかかる人たちは、悩んでいました。

選手をストックホルムに派遣したくても、予算がないのです。

最初は5人の予定でしたが、出せる予算は1人分、天狗倶楽部の三島弥彦(生田斗真)は、自費で行けるだろうということで、四三を、オリンピックに派遣すると呼び出しました。

でも四三の返事は「行きたくないです」驚く嘉納治五郎たちです。

「なんでオリンピック予選に参加した!」と叱られる四三ですが、そもそも四三は、オリンピックが何なのかわかりません。

説明を受けるとなおさらその大きさに驚き、国民の期待を背負って走るなんて事の大きさにビビりまくる四三です。

土下座して「自信がありません」と辞退すると、治五郎は、そんな四三に「がっかりだ」そう言って、席を外してしまいました。

治五郎はその足で弥彦の所に行っていました。

弥彦もまた「出ませんよ」と言って治五郎をがっかりさせます。

弥彦の方には、家や文部省からの圧力があったようです。

 

 

辛亥革命でさらにお金が無くなる

お金がない治五郎の所に、師範学校に留学していた中国人留学生たちがなだれ込んできます。

中国では皇帝制度がなくなると言う辛亥革命が起きていたのです。

この時、迷える中国人留学生100人余りの学費を面倒見たという治五郎、その額は数億円の借金となったそうです。

嘉納治五郎は、そのお金を帰すことが出来ないまま生涯を終えたと言います。

 

自己負担でオリンピックに行く?!

そんな状態で治五郎の財政状態も、オリンピックに連れて行くのに一人分なら何とかなると思っていたのも難しくなります。

でも治五郎は、どうしてもマラソンには、金栗四三に出てほしいと思い、四三に渡航費、滞在費を自費で出すのであれば、不安もないだろうと、四三に申し入れます。

四三も「それならば気楽です」と言ってしまいましたが、その金額は1800円です。

今の金額に換算すると500万円です。

4年に1度のこの大会への思いを込めて四三は、故郷に手紙を書きました。

同じころ、すっかり橘屋円喬の弟子としての車引きが身に着いた若き日の志ん生こと、美濃部孝蔵(森山未來)は落語の舞台になる場所を走って覚えることを師匠から言われて、車を引きながら、頑張って覚えます。

四三もまた、車引きの清さんから、オリンピックの街並みを想定した走りを続けます。

 

孝蔵と四三の走りが交差したころ、四三の手紙が兄実次の所に届いたところで、来週に続きます。

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加