いだてんの3話(1月20日)動画を見逃したらここで見れる

いだてんの3話(1月20日)動画を見逃したらここで見れる

 

 

いだてんの3話(1月20日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

 

U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

3話をU-NEXTで見る↓↓

 

大河ドラマ(いだてん3話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん3話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年1月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてん第3話(1月20日)『冒険世界』あらすじ

いだてん第3話 冒険世界も楽しみですね♪

 

東京へ上京する四三たち

3話の冒頭は東京オリンピックの頃の東京・日暮里、志ん生(ビートたけし)の家です。ちょっと感じの悪い変な弟子五りん(神木隆之介)を志ん生が弟子にしてしまったところから始まりました。

場所と時間は、1909年の熊本に戻ります。

四三(中村勘九郎)は、海軍兵学校に落ちた後の進路を兄(中村獅童)と話し、東京師範学校に行きたい理由を、嘉納治五郎(役所広司)に実は抱っこしてもらっていなかったことを打ち明けます。

でもみんなあっさり、「父ちゃんは嘘が下手だから、知っていた」と言われてしまいました。

試験にも無事受かり、親友の美川(勝地涼)と東京に向かいます。ついて早々にスリにあったり、持っていた本が舎監に「こんな雑誌を持ち込むな」と怒られて罰を受けたりもしました。

この雑誌は美川が拾った雑誌で天狗倶楽部の事が書いてあり、四三はその名前をおぼえます。

入学式で、今回はしっかりと嘉納治五郎を見ることが出来て感激する四三です。毎日相変わらず、宿舎から学校まで韋駄天走りで学校に通い、水浴びも欠かしません。

柔道も習っている話なども勇ましく手紙に書きましたが、やはり故郷が恋しくて泣く夜もあったようです。

 

 

夏休み、四三のほのかな恋心

夏休みになって、久しぶりの熊本に戻り、子供達と川で水浴びをしているところにスヤ(綾瀬はるか)が来て、楽しく話をします。

でもスヤは女学校を卒業した後の事を聞かれるのをごまかしたりします。

 

四三の東京の話を楽しく聞いています。

そのなかで四三は、音楽の授業が苦手で、スヤから習った「自転車節」を歌って、いつか歌がうまく歌えるように頑張っている事を話します。

なほこ
この時スヤがもってきた「いきなり団子」熊本の名物でスライスしたサツマイモの上にあんこが乗っていてそれを餅や小麦粉の生地で包んで、蒸したもので素朴とてもおいしい、四三のイメージあうお菓子です。

楽しく過ごしている実家での日々、その中で四三は、スヤが女学校を卒業したら、見合いしてお嫁に行く話を聞かされます。

口では「めでたい」といいながらも、四三は、悲しい気持ちになっていました。

そのモヤモヤした気持ちで畑仕事をして、マメがつぶれてしまいます。

兄は優しく「お前には今は勉強が大事、しっかり学んで来い」と言ってくれました。

東京へ出る春の日にはみんなが見送ってくれましたが、夏は畑仕事が忙しく見送りなしで東京に帰ると思った矢先、電車の外を自転車で追いかける女学生を美川が見つけます。

四三の列車を自転車に乗りながらおいかけてくるのは、スヤです。

お互いの名前を呼び合う四三とスヤ、お互いに言えない想いをかかえながらも、明るく声をかけ合います。

途中スヤは、転んでしまいますが、すぐに立ち上がって四三を見送ります。

 

四三、マラソンというものを知る

東京に戻ると、美川はまた宿舎に行く前に浅草に行こうと誘います。

当時の人気作家徳富蘆花の「不如婦」(ホトトギス)の映画が上映されていて、それを見る四三と美川、その後ろには、この小説のモデルになった三島家のお姑さんがいて、自分の描かれ方が鬼のようだと怒っています。

 

この三島家が、あの天狗倶楽部の中心人物の家です。

美川は、途中で遊女に誘われて、どこかへ行ってしまった後、一人残された四三の前をたくさんの学生たちが走っています。

一緒に走りたいのに、学生じゃないからと追い出された、車引き(峯田和伸)に話を聞くと「これはマラソンだ」と教えてもらいました。

移動手段ではなく、走りたいから走る、四三の頭には「熱中できるものを見つけろ」という兄の言葉やスヤの「四三の思うようにしたらいい」という言葉がよみがえります。

同じころ落語を聞いて、自分でも噺の練習をしていた孝蔵(森山未來)の横を四三は、歌いながら走り抜けていきます。

宿舎につくと、美川が吉原に行っていたことがばれて、罰をうけていました。四三は、美川の後ろにマラソン大会の実施と参加募集のポスターをみつけて
目を輝かせます!

 

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加