いだてんの2話(1月13日)動画を見逃したらここで見れる

いだてんの2話(1月13日)動画を見逃したらここで見れる

 

 

いだてんの2話(1月13日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

2話をU-NEXTで見る↓↓

 

大河ドラマ(いだてん2話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん2話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年1月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

 

いだてんの動画を見る方法はこちらでまとめています。

 

今すぐ観たい方はこちらから↓↓

 

 

いだてん第2話(1月13日)『坊ちゃん』あらすじ

なほこ
今回の5歳ごろの四三を演じた子役は、熊本で探した素人の子供だったそうですね。
素朴ないい演技でした。

 

熊本で体の弱い男の子として生まれた四三

今回から金栗四三の生い立ちからのお話になります。

オリンムピック噺に乗せて喋る志ん生とは1歳違いの四三の父親は、熊本で病弱で代々の酒蔵をつぶしてしまったといいます。けれど、子宝には恵まれていた人で、四三には、たくさんの兄弟がいました。

四三の名前は、父親(田口トモロヲ)が43歳の時に生まれたので、その名前になったそうです。

父の体質を継いだのか、四三も体が弱く育ちました。四三が5歳になったころ、柔道でその名をとどろかせた嘉納治五郎(役所広司)が、熊本大学の校長に就任したことで小泉八雲や、夏目漱石もやって来ていました。

体の弱い四三(久野倫太郎)は、嘉納治五郎先生に抱っこしてもらったら、元気になると言われて、他に連れて行く人もいなかったので病弱な父親が、熊本大学まで連れていくことになりました。

息が切れた時のための重曹水をもって、休み休み出かけます。

途中には、「西郷どん」の最後の戦いの舞台にもなった田原坂を通って40キロの道のりを病弱な二人は頑張って熊本大学まで向かいました。

なほこ
田原坂からの景色を見ながら四三の父親は、西南戦争の頃、自宅に来た新政府軍から先祖代々の刀を守った話をしました。2018年末に「西郷どん」を見ていた人には懐かしい風景です。

 

 

嘘も信じれば、本当になる

 

ようやく熊本大学につきましたが、すごい人の数で、まったく前に進む事が出来ません。

抱っこどころか、見ることすらできずに諦めて座り込んでしまう父親、そんな四三をだきあげて中を見せてくれたのは、夏目漱石と思われる人でした。

 

家に帰って、父はみんなに「抱っこしてもらった」と嘘をつきました。

四三も父の言葉を否定できませんでした。祖母が「これで四三も元気になる」と喜んでいましたので。

でも小学校に行きはじめ、長い距離を歩いて学校に行かなきゃならないのですが、四三の体力では、みんなからおいていかれます。家に戻ってくると兄(中村獅童)に叱られて、ここで勉強しろと、勉強部屋に押し込まれます。

 

そんな中、兄嫁が出産になりました。

男は立ち入り禁止の部屋を障子の破れ目からのぞくと、独特な呼吸法で、痛みを和らげています。

四三は、その呼吸法を真似して山道を歩きます。

その中でついに二回吸って、二回吐くと楽に呼吸が出来て、楽に走れる事がわかりそれからは、走って学校に通えるようになりました。(韋駄天通学)

 

体の弱い父もいよいよの時を迎えました。

四三が、お医者さんを迎えに行きますが、帰った時には、もう父は亡くなっていました。

父は亡くなるまで四三は「嘉納治五郎先生に抱っこしてもらったから、健康になった」そう言っていたと聞かされます。

真実ではないにしろ、信じることが、良い結果になったということです。

 

海軍士官学校の試験に視力検査で落とされた四三

 

金栗の家は貧しい家です。

それでも四三は、成績が優秀なので、兄は四三を上の学校にいかせたいと言って、中学へ通わせてくれました。

そして次を考えるころ、四三は、お金のかからない海軍士官学校への入学を希望しました。

最初は身体測定ですが、今ではすっかり健康になった四三は、当日風邪をひかないように、教師から習った例水浴をはじめます。

初日こそ風邪をひきましたが、それ以降は、健康な体作りに役立ち、身体測定に臨みました。

 

けれど、四三は、視力が悪くて、海軍士官学校の試験を受けられなくなりました。

落ち込んでいた四三を慰めてくれたのは、病弱な父の関係で、何度もあっていた医師の娘スエ(綾瀬はるか)です。

スエは「四三が、戦に出かけなくて済むから、将来のお嫁さんは喜ぶ」など発想の転換をさせてくれて、四三を慰めます。

 

 

師匠との出会い

その頃の志ん生は、11歳で、親から勘当されて、未成年でも飲む・打つ・買うのやりたい放題、高校生くらいの年齢になっても、飲みやの主人に追いかけられて、入った寄席で出会った落語家を師匠として、見つけます。

逃げ回って「駆け込んだ場所で生涯の師匠を付けられたんだから、スポーツもいいもんだ」と、自分の過去を振り返る1959年の志ん生です。

 

海軍士官学校の道が閉ざされた四三に、親友の美川(勝地涼)は、東京師範学校を受けると言います。

美川の持っていた入学案内を見るとそこには、嘉納治五郎先生の名前がありました。四三にとっても嘉納治五郎先生は、運命の人。

 

師匠としたい人との出会いがあった二人が、今後どうなるかは来週のお話。

 

 

なほこ

見逃した方はこちらから観れますよ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加