いだてん 1話の内容ストーリー難しい?わかりやすく解説

いだてん~オリムピック噺~第1話『夜明け前』

なほこ
1話の内容が難しくてわかりにくかったという声もあります。こちらの記事では、1話のストーリーあらすじをわかりやすくまとめています!

いだてん1話(1月6日)の感想やストーリー内容

 

オリンピックの始めて物語としてのいだてんが始まりました。ナレーションは志ん生さんのオリムピック噺に絡めて、やると聞いていたので、ビートたけしさんが、西郷どんの西田敏行さんの様に演じるのかと思ったら、志ん生の若い頃を演じる森山未來さんも演じていました。

 

はじめてのオリンピックの参加を目指す

 

時代は1964年(昭和39年)の東京オリンピックを目指して日本橋の上に高速道路がかかる話をしていますのは、1959年の志ん生(ビートたけし)と娘でありながらマネージャーの美津子(小泉今日子)。寄席に上がって志ん生は、このオリンピックがどうやって始まったのかを新作落語として披露しています。

 

時代は50年さかのぼって19019年。まだ日本人がスポーツという言葉すら知らなかった時代、2019年からちょうど100年前の話。

 

日本も初めてのオリンピック選手を派遣しようという大役を仰せ使って、大喜びの嘉納治五郎(役所広司)は、東京師範学校の校長。足の速い人力車夫(峯田和伸)にまで「オリンピックに出てみないか」などと言ってしまうほど浮かれています。

 

でもその考えは、師範学校の教授の永井(杉本哲太)には、日本人はまだ海外の選手と戦えるほどの体が発育していないと反対されてしまいます。

 

政府にも平和の祭典であるオリンピックの必要性を掛け合いますが、この頃は明治政府が決めた富国強兵の教えが強く残っている頃、スポーツをするのなら、銃を撃つ練習をしろと言われてしまいます。

 

金策のための三島のパーティーでも反対される

 

ストックホルムへの選手の派遣のための金策のために早稲田大学を作った政治家の大隈重信(平泉成)と日本銀行の三島弥太郎(小澤征悦)にも話をしますが、無理ではないかと、やっぱり反対されてしまいます。

 

どこからも反対されて、落ち込んでいるところへ、ボールが飛んできます。そのボールの主は、三島弥太郎の弟弥彦(生田斗真)。日本初のスポーツ同好会の天狗党のメンバーでいろいろなスポーツが得意な上に東京帝大のエリートでもある「運動会の覇王」と呼ばれる男でした。そんな運動会の覇王が率いる天狗党も嘉納治五郎が求めるスポーツマンとはなんだか違っていて、オリンピックの事はあきらめて、通訳からフランス大使館に言って辞退するという英語を習います。

 

断るつもりが引き受けてしまう嘉納治五郎

 

大使館に行くと、オリンピックのポスターに日の丸とスタジアムが書いてあってそれを見てうれしくなって、嘉納治五郎は、断るつもりがOKしてしまった挙句にIOCの委員にまでなってしまいました。JOCじゃなくて、世界の方のIOCです。

 

なほこ
このドラマは、時間軸が19019年と1959年の間を行ったり来たりします。

 

場面はいきなり1959年の志ん生の家。弟子志願の男(神木隆之介が彼女(川栄李奈)を連れてやってきます。弟子は取らないという志ん生になんだかんだ言って上がり込むその男の名前は、五りん。

 

天狗党も巻き込んでオリンピックのための体育大会を!

 

ドラマはまた明治の嘉納治五郎に戻って、とりあえず引き受けてしまった、オリンピック委員。嘉納治五郎は、天狗党のトップにいる弥彦たちと、大日本体育協会を立ち上げて、オリンピックに出る選手を決めてしまおうとします。

 

弥彦の思いは参加することだけではなくて、東京でオリンピックをしようとまで言い出しました。本気を見せれば、兄を説得できるといって、やる気満々です。

 

この大会を聞いて自嘉納治五郎の車引きの清さんも出たいと言いますが、いくら足が速くてもこの時代の大会参加には学歴という条件もありました。小学校しかでていない清さんは、スタートラインにすら立てませんでした。

 

とりあえず全国からオリンピックで世界の強豪に勝てる記録を出せる人物がいたら、オリンピックに参加することを決めるという目標でいた時、嘉納治五郎は、倒れてしまいます。お酒を飲めないくせに天狗党の若者と一緒になって飲んでいたせいだという人もいます。

オリンピックの夢をかなえるのは誰?!

 

反対していた師範学校の教授も協力してくれて、マラソンの予選会が始まります。資格がないはずの清さんもどこから持ってきたのか早稲田のゼッケンをつけています。嘉納治五郎の夢を乗せて始まりましたが、脱落者続出、医者が足りなくて責任問題もできた頃、目前に一人の男が走ってきます。なんと高等師範学校に入学した金栗四三(中村勘九郎)です。顔には隈取なのか、血なのかわからない赤い模様が付いています。倒れるようにゴールした金栗の記録は、世界記録より短い記録でたどり着きました。

 

真っ赤な模様を心配するとそれは、帽子の赤色が溶け出して出てきたものでした。

 

ということで、誰が主人公だかわからなかった第一話は、最後の最後に主人公が出てきて締めました。来週からは主人公が頑張ります!

 

いだてん1話初回の動画見逃したらここで見れる!60人の期待の声

2019.01.06

 

いだてんNHK大河ドラマのナレーションは誰?その詳細は

2019.01.05

 

 

見逃した方はこちらでどうぞ↓

詳しくはこちらで説明しています^^

大河ドラマの見逃し動画はU-NEXTで安全に見れる!

2018.01.04

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加