麒麟がくる2話の動画をフル視聴する方法(あらすじ)

麒麟がくるの2話を見逃した方へ【動画フル視聴】できる方法

麒麟がくる2話の動画!
見逃してもフル視聴OK!
あらすじも紹介しています^^

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

2020年1月26日放送の2話タイトルは『道三の罠』

なほこ
麒麟がくる、大盛りあがりですね♪やっぱり戦国時代は面白い!
Twitterを見ていても、皆さんの知識の多さに驚きます^^

麒麟がくる
2話もとってもよかった!!

 

なほこ

2話を見逃した方は、こちらで動画をフル視聴できますよ。

 

麒麟がくる2話(1月26日)動画をフル視聴する方法

 

大河ドラマ(麒麟がくる)を見逃したり過去動画を視聴する方法は
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

なほこ
毎回放送終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて動画配信が開始されます!

U-NEXTはこんな風に動画視聴できます
↓↓↓

 

 

U-NEXTの公式サイトで詳しく見てみる

↓↓↓

 

なほこ
U-NEXTは31日間のお試しキャンペーンがあるので、それを31日間は【見放題】作品動画がいくらでも無料で見れます。


*見放題は31日間いくらでも見放題です♪

一方、【ポイント】と表示されている動画はポイントを使って視聴する必要があります。

 

なほこ
大河ドラマの『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

1話220円で視聴できます。

 

なほこ
私はU-NEXTをもう2年前くらいから利用しています。
家族皆んながめちゃくちゃ見てますよ♪

 

麒麟がくる2話の動画を一番お得に視聴する方法!

“麒麟がくる”は2話は220ポイント(220円分)で見れます。

なほこ
一番お得に視聴する方法はこの順番がオススメです!
  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは2話220ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

 

 

U-NEXTはテレビ画面でも見れますよ。

我が家はテレビで観ることが一番多いです^^

麒麟がくる動画テレビ

*U-NEXTのマイリストによく観る作品を登録しておくと便利です。
我が家はほとんどアニメばっかり観てますね(笑)

U-NEXTをテレビで観る方法>>

 

スマホでも観れます!

麒麟がくる動画視聴方法スマホ

 

*以上は現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

麒麟がくる2話(1月26日)あらすじ感想

麒麟がくる 第2話 道三の罠

京・堺から戻った明智光秀(長谷川博己さん)は、斎藤道三(本木雅弘さん)にその報告をし、嫁入り先から戻っていた帰蝶(川口春奈さん)と話をします。

そこへ攻め込む織田信長の父織田が攻めてくる戦い(1947年・加納口の戦い)が、第2話で描かれました。

第2話で気になった点を中心に2話を見ます。

「麒麟がくる」で出てくる謡と踊り

なほこ
先日、信長の話をしていて「信長はなんで死ぬ間際に歌い踊っていた?」という話題になりました。
「人生50年・・・」と本能寺の変で信長が謡を歌い、艶やかな炎の中で死んでいくシーンについての事です。

第2話でも、謡のシーンが出てきます。

これは江戸時代に歌舞伎の演目として太閤記や明智光秀を描いた『時今也桔梗旗揚(ときは いま ききょうの はたあげ)』などが人気でした。

江戸時代の歌舞伎には、徳川の時代ですので彼らをヒーローにしてしまうと、不都合もあるので、信長・秀吉の時代の人たちは仮名で演じられています。

「時が来たから、桔梗が旗揚げした」に描かれた桔梗は明智の家紋である桔梗を示しているので、明智光秀の事です。

今回斎藤道三が、帰蝶の婿である土岐頼純(矢野聖人)を毒殺するシーンでも歌いだすのは、こういった歌舞伎の影響をこの作品の中に取り入れているのではと言われています。

 

2話の簡単なあらすじ

堺で鉄砲を京で名医である 東庵(堺正章さん)を手に入れて斎藤道三(利正)に報告しても、織田信秀が攻めてくることもあって、何やら策を練っていたようで、斎藤道三はほめてくれません。

それどころか、「渡してやった旅の費用の半分は返せ」と言ってきます。

さらには「戦いを挑んできている敵の侍大将の首を2つとってきたら帳消しにする」といいます。

斎藤道三の言葉にイラついて歩いている明智十兵衛光秀は、戻ってきていた帰蝶に呼び出され、母親のために名医を連れてきてくれたことの礼を言われ少し機嫌が直ります。

その足で戦いに向かう明智十兵衛光秀に帰蝶は「武運を祈ります」と言ってくれます。

旅の借金のために敵の侍大将の首を取ることに躍起になる明智十兵衛光秀ですが、斎藤軍が4000、織田軍が2万では徐々に劣勢になってきます。

そこで斎藤道三の出した指令は引き上げて籠城するという作戦になり、弱腰の作戦に明智十兵衛光秀は、いらだち、斎藤道三の息子である斎藤高政(伊藤英明さん)に「お前の父親のやり方は気に食わない」と愚痴ります。

父親に「何とか言ってくれ」と明智十兵衛光秀は、斎藤高政に言いますが、「自分は正室の子ではない側室の子供だから、言ったことを聞いてくれたことがない」と言って明智十兵衛光秀に背を向けて行ってしまいます。

そのころ斎藤道三は籠城すると見せかけて、酒に見せかけた水を飲んでいました。

入り込んでいた織田軍のスパイが、斎藤道三が気を抜いていると伝えたため、織田信秀も気を抜いてくつろぎ始めていました。

敵のスキをついて、戦いに向かう斎藤道三の軍は強さを見せつけていきます。

結果、織田信秀は弟を失い、尾張の城に退却することになりました。

この戦には勝ち、敵の侍大将の首は持ち帰ったものの、明智十兵衛光秀の心はどこから晴れていませんでした。

相手の侍大将の顔が叔父の光安に似ていたため、首を落とすのをためらってしまったことを、 東庵に打ち明けます。

「武士野本懐とは、誉とはこんなものなんだろうか」と戦って相手の命を奪うことのむなしさを 東庵に語ります。

「いいのではないですか?、それでお勝にになれば」医師として人の命を敵味方関係なく救うはずの 東庵は、戦になれていない若い明智十兵衛光秀に語りかけます。

もちろん明智十兵衛光秀の心がそんな言葉で晴れないことはわかっているからでしょう。

明智十兵衛光秀の叔父の「傷口が膿むかもしれない」そう言って駒と一緒に明智の家に帰るように言います。

その夜、斎藤道三の勝がわかってから、のこのこやってきたのは美濃の守護であり、帰蝶の夫である土岐頼純(矢野聖人さん)でず。

帰蝶は戦いの加勢に来なかったことを「ふがいない」と責め、斎藤道三に謝りその場から去っていきます。

実は今回の戦は、土岐頼純が裏で手引きしていたことが、斎藤道三にばれていました。

土岐頼純は自分の父親が、たかが油売りの息子の斎藤道三都の戦に負けて言いなりになっていたことが許せなかったのです。

いうだけ言って部屋から出ていこうとする土岐頼純を厳しい声で呼び止め、茶をたてるから飲んで行けという斎藤道三。

農民の間ではやっているという歌を歌う斎藤道三の真横で毒を盛られ、苦しみ死んでいく土岐頼純の様子を意に介さず、歌い続ける斎藤道三の恐ろしさを描きながら第2回は終わります。

なほこ
Twitter上ではトレンドワードに「伊右衛門」という言葉が並びました。
本木雅弘さんがCMをしている抹茶入りの伊右衛門を飲んだら毒殺される、麒麟がこないでサントリーが来たなど別の意味で皆さん楽しんでいました。

 

斎藤道三の子供たち

12歳の帰蝶は政略結婚で土岐に嫁いでいますが、明智十兵衛光秀にほのかな想いを寄せているという設定で描かれているとガイドブックにはありました。

この時代の結婚は愛とか恋とか関係なく、親が決めた言いつけに従い結婚を決めます。

12歳の帰蝶もそれを当然として受けとめます。

「毒を持つまむしと言われる斎藤道三の血を一番強く継いでいるのは、帰蝶では?」と言われる強さを持つといわれる理由も感じられます。

特に斎藤道三のもとに織田軍が攻めてきた時に夫である土岐頼純(矢野聖人さん)になぜ、戦う準備をしなかったのかと責めるシーンでは帰蝶のその強さが見事に描かれていました。

まむしの娘である帰蝶の元々持つ性格や、まだ子供の部分を残す12歳の無邪気な残酷さが表れているともいわれていました。

対して斎藤道三の嫡男である斎藤高政は、側室の息子であることから、父から愛されていないというコンプレックスを抱いています。

特に高政の母は、土岐頼芸から斎藤道三に譲られた側室であり高政が生まれた時期が、土岐頼芸の息子ともとれる時期だったために、どちらの息子かわからないという点にもありました。

このような背景が今後の「麒麟がくる」の歴史の流れを描いていきます。

\こちらで今すぐ視聴できます/

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪