いだてん42話の見逃し動画あり!あらすじも紹介します

いだてん42話の見逃し動画は!あらすじあり

 


 

なほこ
いい人ばかりが出てきたいだてんですが、ここへきて
浅野忠信さん演じる川島の腹に黒いものを持っているような気してなりません。。。
 

いだてん 第42話 東京流れ者

今回の見どころ

〇選手村は代々木へ(テレビの時代)

〇五りん(小松金治)と金栗四三へつながる糸

〇忍びよる政治介入

なほこ
中村勘九郎さんは、高校生くらいの金栗四三から演じています。
それがシマ(杉咲花さん)の娘リク(杉咲花さん二役)の産んだ小松金治の成長した姿に出会います。
お爺さんになっちゃった金栗四三みどころです。

 

いだてんの42話(11月10日放送)動画を見逃し、再視聴する方法

 

いだてんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

なほこ
42話は、放送当日の終了後にU-NEXT(ユーネクスト)にて配信が開始されますよ!
U-NEXT愛用者はこうやって動画視聴されています。
紹介動画がこちらです。
↓↓↓

 

 

こちらの公式サイトだともっと詳しく説明されています。

 

U-NEXTの公式サイトを見てみる↓↓

 

大河ドラマ(いだてん42話)U-NEXT動画

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

いだてん42話の動画をお得に視聴する方法!

“いだてん”は1話は216ポイントで見れます。

 

この順番でやってみましょう。

 

  1. U-NEXTにお試し登録(無料)
  2. 登録したら600ポイントもらえる
  3. その600ポイントで大河の動画を見る
  4. 大河ドラマは1話216ポイント
  5. 2~3日以内に見る
  6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
  7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

テレビでも見れますよ。

 

NHKの動画に興味がある方におすすめ

NHK特選見放題パックを利用すればお得な料金で観れますよ♪

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪

 

 

なほこ
私もU-NEXTに登録しています。

この画像は私のU-NEXT管理画面です。

 

*以上は2019年5月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

 

 

いだてん42話(11月10日)『東京流れ者』あらすじ


 

冒頭は偶然渋滞にはまった建築家の丹下(松田龍平さん)が同僚と話す、オリンピックの聖火を日本に持ってくる運転手がいない話から始まりました。

運転していたタクシーの運転手が、「東京の渋滞の運転はうんざりだ、自分に行かせてくれ」と言ったのが、採用になったという、嘘のような本当の話から始まりました。

今回、「なんで落語家がオリンピックに必要なんだ?」という、小松勝(仲野太賀さん)から小松金治(神木隆之介さん)へと繋がる話があり、脚本家クドカン(宮藤官九郎さん)の伏線回収もみられます。

 

選手村は代々木へ(テレビの時代)

オリンピックの選手村は埼玉県の朝霞に決まり、道路建設も始まり、埼玉の人たちはオリンピック道路が出来ると喜んでいます。

けれど田畑政治(阿部サダヲ)さんはどうしても、オリンピックの熱気が国立競技場から聞こえる代々木があきらめきれません。

時は1961年日本では、日米安全保障条約に反対する安保闘争が東大生を中心に起きていました。

反米の気持ちが沸き上がっている日本、アメリカとしてもこれは何とかしたいと考えていました。

平沢(星野源さん)は「アメリカが代々木をオリンピックのために明け渡せば、少しは反米感情がやわらぐかもしれない」と交渉してくれました。

でもその代償にアメリカは60億円払えと言ってきました。

戦前は大蔵大臣高橋是清(萩原健一さん)に「オリンピックの遠征費をくれ」と直談判してきた田畑もさすがに悩む金額です。

当時の日本は高度経済成長の時代、総理大臣池田隼人(立川談春さん)が日本の経済をどんどん引き上げてくれていました。

なほこ
池田隼人さんの事を書いた漫画「疾風の隼人」(作:大和田秀樹さん)が面白いのですが、中途半端に終わってしまっているのが残念です。
でもこの時代を知りたい人にはおすすめです。

お金に事にはシビアな池田隼人総理に田畑は会いに行きますが、ほっておけばタダで戻ってくる土地に60億円は払えないと突っぱねます。

失意のままに「俺のオリンピック」と名付けた模型を眺めていると、嘉納治五郎(役所広司さん)が天国から話しかけてきます。

「政治とスポーツは別物」と言って1940年のオリンピックが、戦争で出来なかったことを怒ります。

でもその後に「国民はどこでオリンピックを見るんだ」と嘉納治五郎は聞いてきます。

 

この頃、カラーテレビが普及し始めた頃で、田畑はオリンピックを機会に「国民がカラーテレビを買えば経済が潤う」と池田隼人総理大臣に直談判に行きます。

そしてそのために、NHKの放送局もそこにたてれば、2020年のオリンピックでも言われているレガシー(精神的・物理的遺産の意味)になるというのです。

カラーテレビによる所得倍増計画の話に乗っかってきた池田隼人首相の了承により、選手村・NHKの建設が代々木に決まり、田畑の夢のオリンピックに近付いてきました。

 

五りん(小松金治)と金栗四三へつながる糸

オリンピックが3年後に近づき、新しく東京オリンピックに加わるバレーボール、柔道その他、選手たちの顔つきは真剣そのものです。

そんな時小松金治は、金栗四三のサイン会に向かいます。

そのサイン会には東京オリンピックのマラソンで銅メダルとなる円谷幸吉も来ていました。

小松金治(落語をするときは五りん)の番になり、金栗四三はサインの宛名を聞きます。

「小松金治です、父がお世話になりました」

その言葉に驚き、倒れる金栗四三、そして泣きながら小松金治を抱きしめる金栗四三です。

なほこ
たったこれだけのシーンですが、金栗四三の小松勝への想いが感じられる胸が熱くなるシーンでした。

サイン会の後、五りんは脳梗塞で右半身の自由が利かなくなった師匠の志ん生(ビートたけし)を迎えに行きます。

もう引退するべきか、悩む志ん生を背負いながら、父小松勝が「志ん生の富久は絶品」と葉書に書き残した「富久」をしゃべり始めます。

「俺だって話せるんだから、師匠もまだまだ大丈夫です」

忍び寄る政治介入

さてここからは、来週以降に盛り上がるだろうお話の序奏となります。

オリンピックなんて言う大きな事業、なし終えた時に得られる名声と利権、それに目をつけて川島正次郎(浅野忠信)が、オリンピック担当大臣として強引に入り込んできます。

池田隼人首相も「スポーツに政治は不介入」と言っているのにこの男の存在が嵐を巻き起こしそうです。

田畑の悩みは川島ともう一つ、東京オリンピックまであと2年というのに、人々が無関心なのです。

これでは、カラーテレビが売れません。

そんな時につけたテレビから流れてきたのは「オリンピック噺」を楽しそうにしゃべる志ん生の弟子五りんです。

田畑は五りんをオリンピックの広告塔にしようと、岩田(松坂桃李)に五厘の交渉に向かわせたところで、今週はここまでです。

なほこ
この放送があった11月10日、天皇陛下・皇后さまのご即位のパレードがありました。
白黒テレビが最初に爆発的に売れたのは上皇様上皇后さまのご成婚パレードでした、不思議な縁ですね。

 

 
 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加