麒麟がくるの6話【動画フル視聴】方法!2月23日見逃した方必見!

麒麟がくるの6話を見逃した方へ【動画フル視聴】できる方法

麒麟がくる6話の動画!
見逃してもフル視聴OK!
あらすじも紹介しています^^

見逃した方やもう一度視聴したい方へ

『麒麟がくる』は過去の放送回の動画を安全に視聴することができます。

詳しくはこちらのページをご確認ください。
↓↓

 

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

2020年2月23日放送の6話タイトルは『三好長慶襲撃計画』

 

なほこ

6話を見逃した方は、こちらで動画をフル視聴できますよ。

 

麒麟がくる6話(2月23日)動画をフル視聴する方法

 

大河ドラマ(麒麟がくる)を見逃したり過去動画を視聴する方法は
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

スマホでも観れます!

*以上は現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

見逃した方やもう一度視聴したい方へ

『麒麟がくる』は過去の放送回の動画を安全に視聴することができます。

詳しくはこちらのページをご確認ください。
↓↓

 

麒麟がくる6話(2月23日)あらすじ感想

麒麟がくる第6話「三好長慶襲撃計画」

第6話の麒麟がくるは、明智十兵衛十兵衛光秀(長谷川博己さん)がヒーローとしてかっこよく、また乙女心をくすぐるラブロマンスが描かれています。

Twitterでも、駒(門脇麦さん)との焚火にあたりながらのシーンが話題になっていました。
あらすじのネタばれをわかりやすくしてくれるのが、公式ページにもあるトリセツです。

ドラマの中でもナレーターの市川海老蔵さんが、解説してくれていますが、歴史の深い部分までを知らない人には、あらすじを知るためにトリセツを見ることがおすすめです。

第6話では戦国大名細川晴元(国広富之さん)・その家臣三好長慶(山路和弘さん)が第6話の前半のお話に関わってきます。

そんな細川晴元の家臣でありながら、のし上がろうとする三好長慶の様子を察した細川晴元が今回の騒ぎを起こします。
戦国時代の代名詞である下剋上の世界、第6話は、そんな不穏な時代の空気を感じさせるシーンから始まりました。
「麒麟がくる」から4K映像を取り入れているので、4Kを取り入れている家庭には馬たちが走る砂煙がそんな不安をあおっているように感じます。

なほこ
「オリンピックを見るのにカラーテレビを買えばいいじゃんね」と「いだてん」で田畑政治が言ったセリフは「オリンピックイヤーだし、大河も4Kもで見ればいいじゃんね」とテレビの買い替えを誘っているように感じてしまう、大河好きの私です。

将軍足利義輝の静かな決意


 

伊平次(玉置玲央さん)と出会い鉄砲の事で力になってもらえることになった明智十兵衛光秀は、伊平治の作業場で、鉄砲を解体して、その仕組みを見せてもらいます。
見事な計算されたそのフォルムに美しいと感動する明智十兵衛光秀です。

明智十兵衛光秀のように鉄砲を美しいとほめたのは松永久秀(吉田剛太郎さん)もだったと松永久秀は工夫を凝らして作ったものを正当に評価する人物であることを教えてくれました。
そんな話の中、伊平治は遊女屋で耳にした、松永久秀が主君である三好長慶とともに狙われているという話を明智十兵衛光秀にします。
豪快で一見強面の松永久秀ですが、明智十兵衛光秀にとっては鉄砲の事では何度も力になってくれている恩人です。

松永久秀のもとに向かった明智十兵衛光秀でしたが、取り合ってもらえませんでした。
足利義輝(向井理さん)も出席する三淵藤英(谷原章介さん)の館での能楽鑑賞のの場に向かい松永久秀が狙われていることを伝えます。

三淵藤英は、細川家の内輪もめだからほっておけというのですが、音のある松永久秀の危機を救いたい明智十兵衛光秀、そして足利義輝の前で下品なふるまいをした細川晴元がゆるせない細川藤孝(眞島秀和さん)は立ち上がろうとします。


止める三淵藤英は自分たちが動けばそれは将軍足利義輝の命令ということになると、慎重です。
けれど光秀は将軍だからこそ、武士たちを一つにまとめ、武士の間を平らかにまとめなければならないと力説し一人飛び出していきます。

しかしそれを足利義輝は聞いていました。
藤英・藤孝兄弟をはじめ部下たちに、明智光秀の後を追えと命じます。

なほこ
足利義輝の時代は一番将軍家がないがしろにされていた時代でした。だからこそ光秀のことばが足利義輝に刺さったような気がします。このシーンの向井理さんのセリフは少ないのですが、何か重いものを受け入れたような表情は見どころでした!

友情も芽生える戦闘シーン

三好長慶襲撃の計画がある万里小路の館で、静かな秋の日、色づき始めた紅葉の屋敷で連歌を読む貴族の中に、大勢の兵が走りこんできます。
連歌の会を楽しむ三好長慶を守るために控えていた松永久秀でしたが、うつらうつらと居眠りをしているところに多くの兵が飛びこんできます。
不意打ちに危機一髪の三好長慶を救ったのは、飛び込んできた明智十兵衛光秀でした。
もちろん、藤英・藤孝兄弟と将軍に仕える兵もやってきました。
藤孝に襲い掛かろうとする兵に明智十兵衛光秀がとびかかり、藤孝・十兵衛の連携プレーで華麗に討ち取ります。


なほこ
争いの血を庭に散りばめられた紅葉で表酢演出も「麒麟がくる」の映像の美しさを表現しています。

三好長慶は馬で逃げだし、細川晴元の襲撃計画は失敗に終わり事なきを得ました。
もちろん、何人かの血が流れ命を落とした人もいます。

そして明智十兵衛光秀もまた、肩に傷を負っていました。

駒の思いは鈍感な十兵衛光秀に届くのか


止まらない肩の血を抑える明智十兵衛光秀に藤英は医者を用意するといったのですが、明智十兵衛光秀は「望月 東庵(堺正章さん)という親しい医者がいると言って、藤英たちの配下の者に 東庵先生のもとに連れて行ってもらいます。

前の家は火事で燃えてしまったので、新しい診療所の場所を藤英の部下が聞いている間座っていた明智十兵衛光秀。

明智十兵衛光秀が、気が付いたときすでに2日の日にちが立ち、そばにはつききりで看病する駒の姿がありました。

東庵の家までは歩いてきた明智十兵衛光秀でしたが、そのまま意識を失ってしまっていたのでした。
肩の傷が深く、それに伴って高熱を出し一時期は危ない所だった明智十兵衛光秀を助けたとで駒は「 今日は東庵先生が薬師如来様に見えます」と思い切り 東庵をほめます。

なほこ
Twitterでは堺正章さんがかつて孫悟空を演じたことがあったことから、サルに見えていたなどという意見もとびかっていました。

つきっきりで、明智十兵衛光秀の世話をする駒は「そばでお世話できることが楽しい」と明智十兵衛光秀への思いを素直に話します。

安堵したような表情でまた眼を閉じ、眠る明智十兵衛光秀、駒も肩の傷がいえるまでここにいてくれると思っていたころでした。

細川藤孝が、松永久秀のお見舞いの「水あめ」をもって 東庵の診療所へやってきます。

なほこ
これは「麒麟がくる」第1話で松永に酒を飲まされて、酔いつぶれてしまった当時まだ未成年の明智十兵衛光秀の姿を松永は見ていたから、酒ではなく水あめのプレゼントだったように思います。

 

細川藤孝は単に見舞いで来たわけではありませんでした。

将軍を支え、武士が将軍の下で平らかにまとまる世の中を一緒に作ってほしいといいに来たのです。
けれど明智十兵衛光秀は、美濃の現状もまだ平らかではないことを知っています。

だからこそ、美濃をまとめた後、将軍様の元平和な世の中がくる5年後か10年後に細川藤孝の力になりたいと未来の約束をします。

そんな時、 東庵が美濃で斎藤道三(本木雅弘さん)が大柿城を織田信秀(高橋克典さん)から奪還する戦を起こしたことを聞かされ、明智十兵衛光秀は美濃へ帰ります。

 

まだ十分に傷も言えていないため、駒が付き添ってきますが、明智十兵衛光秀はこれを断るのですが、明智十兵衛光秀の傷が気になる駒に押し切られて、一緒に美濃を目指します。

美濃までの道のりは遠く、途中の寺の境内で夜を明かさなければなりません。
暖をとるためのむしろは1枚だけ、駒は自分の体は温かいので、病み上がりの明智十兵衛光秀にそのむしろを使うように言います。

それでも駒が心配な明智十兵衛光秀は、駒に一つのむしろの中に一緒に入るように言います。

 

明智十兵衛光秀の隣でまばたきを繰り返しながら筵の中に入る駒に、明智十兵衛光秀は、駒が看病しながら歌っていた歌の事を聞きます。

みなしごになった駒が、旅芸人の一座に拾われて一緒に旅していたころに覚えた歌を聴きながら眠りにつく明智十兵衛光秀、この歌には何か秘密があるのでしょうか。

見逃した方はこちらでどうぞ↓

 

次週7話のあらすじ

来週はいよいよ染谷将太さんが演じる織田信長が登場?!


大柿城を落とされた織田信秀は、3つの敵に頭を抱えていた今川義元(片岡愛之助さん)・斎藤道三・そして織田家の内部であらそっている織田彦五郎です。

東庵の見立て通り、あ織田信秀の弓矢の傷はだんだんと信秀の体を蝕み弱らせていたこともあり、信秀は、美濃のマムシと呼ばれる斎藤道三と手を結ぶことを考えました。

子供同士の政略結婚という形です。

織田の方は嫡男の信長、道三の方は娘の帰蝶です。

このことについて明智十兵衛光秀の叔父である光安に斎藤道三は意見を求めますが、光安はすぐには答えられませんでした。

兄の囲碁と近い手で打つ光秀の母牧に「兄だったらこんな時に何と言っただろうか」と聞きます。
そこへ光秀が帰ってきます、駒から傷の状態などを聞く母の牧はこんな状態なのに連絡をよこさなかった明智十兵衛光秀を叱ります。

そんなところへ、近くに飛来するという鶴を見に来たついでと言って、明智の家にやってきました。女心のわからない明智十兵衛光秀は、未だ鶴がくる時期ではないといいますが、いろいろ察した牧は、仲の良い駒と帰蝶を二人にして、十兵衛は「帰蝶の政略結婚」に悩む光安の相談に乗ってほしいと光安のもとに行かせます。

二人は道三の元に行き、十兵衛はこの人質のような結婚では、何かあったときに真っ先に帰蝶が命を落としてしまうことを心配した意見を言います。

もちろん道三にも親としての思いがあります。

きちんとした答えが出せないまま、十兵衛が道三の前から去ると、道三は怒り出します。

そしてもう一度十兵衛を呼べと言い出します。
いとこ同士でいろいろな話をしている十兵衛に帰蝶の気持を聞きださせる道三。

土岐家への最初の結婚は何もわからないままに父の言うとおりに嫁いだ帰蝶、けれど今度の結婚は素直に言うことを聞くわけにはいかない帰蝶です。

第7話では信長は会話の中で出てくる感みたいで、来週は帰蝶を大切に思う人たちの話になりそうです。

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪