麒麟がくるの5話の動画をフル視聴できる方法!あらすじ・感想もあり

麒麟がくるの5話を見逃した方へ【動画フル視聴】できる方法

麒麟がくる5話の動画!
見逃してもフル視聴OK!
あらすじも紹介しています^^

見逃した方やもう一度視聴したい方へ

『麒麟がくる』は過去の放送回の動画を安全に視聴することができます。

詳しくはこちらのページをご確認ください。
↓↓

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

2020年2月16日放送の5話タイトルは『伊平次を探せ』

 

なほこ

5話を見逃した方は、こちらで動画をフル視聴できますよ。

 

麒麟がくる5話(2月16日)動画をフル視聴する方法

 

大河ドラマ(麒麟がくる)を見逃したり過去動画を視聴する方法は
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

スマホでも観れます!

麒麟がくる5話の動画をオンデマンドでみる

麒麟がくるの5話がこちら

麒麟がくる5話の動画を視聴する方法

*以上は現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

見逃した方やもう一度視聴したい方へ

『麒麟がくる』は過去の放送回の動画を安全に視聴することができます。

詳しくはこちらのページをご確認ください。
↓↓

 

麒麟がくる5話(2月16日)あらすじ感想

麒麟がくる第5話「伊平次をさがせ」

「麒麟がくる」の5話では明智十兵衛光秀(長谷川博己さん)が1話で出会った鉄砲にかかわった男たちに再会します。
第5話のトリセツでは鉄砲を作っていた現在の滋賀県大津のことや京都の本能寺のことなどが説明されています。


また今回のストーリーを見るのに将軍家とその実権を握るものなどの関係図があり、人間関係が整理しやすいです。
この男たちと明智十兵衛光秀の今後のかかわりが気になります。
それと遊女屋では、昭和のテレビドラマを思い出させるお色気シーンでTwitterがザワザワしていました。

 

斎藤道三と鉄砲

1548年秋、明智十兵衛光秀は21歳になっていました。

何度も鉄砲の練習をして斎藤道三(本木雅弘さん)にも鉄砲の討ち方を教えられるほどになっていました。
自分で銃を手に持ち、鉄砲の威力に驚き、感動します。

そしてこの鉄砲を、京の将軍家が「本能寺」で何故作らせているのか理由を知りたいと言い出します。
鉄砲の威力は良いのですが、弾を撃つまでに時間がかかることが気になり、改造できないかと考えて、近江まで出かけていきます。

美濃にいた駒(門脇麦さん)は 東庵(堺正章さん)と京へ戻るあいさつに来たのですが、会うことができませんでした。

智十兵衛光秀への思いをストレートに表現できない駒は、明智十兵衛光秀の母(石川さゆりさん)に京に帰りたくないという思いを伝えます。

なほこ
「京は戦ばかり」そんな理由の前に「京では身寄りは 東庵先生だけ」と言っていた駒、美濃での暮らしは、身分の違いなど気にしない帰蝶(川口春奈さん)との女同士の会話もありました。そして明智の家では家族のように接してくれる十兵衛とその母、駒の寂しさがあふれるシーンでした。

「仕方ない、仕方ない…またお会いできる」駒はそう言い聞かせて京に帰る準備をします。

近江に鉄砲の仕組みを聞きに来た明智十兵衛光秀でしたが、それは将軍家からの命令で伝えられないと断られてしまいます。

でも鉄砲づくりにかかわっていた美濃からきた伊平次の居場所を知っているという男にお金を払って情報を買いました。

なほこ
そして京に再び向かうために、ケチな斎藤道三にも屈することなく希望する額をしっかり出してもらう明智十兵衛光秀、この辺はちゃっかりばくちの肩代わりをさせた 東庵仕込みでしょうか。

 

細川藤孝・三淵藤英と足利義輝将軍との出会い

京の本能寺の前についた明智十兵衛光秀、中に入りたいと言っても入れてもらえません。

そんな明智十兵衛光秀に声をかけてきたのは、細川藤孝でした。

背中に鉄砲を抱えている明智十兵衛光秀を不審に思った元服したばかりの青年でした。

なほこ
長谷川博己さんと同い年の眞島秀和が演じる細川藤孝ですが、この時の年齢が14~15歳。ちょっと無理がありますが、心の目でそうみてください。

 

血気盛んな細川藤孝の挑発に明智十兵衛光秀は、向き合い剣を抜きます。

なほこ
この時二人はお互いの剣の構えから、相手に対するリスペクトがはじまっていて、お互いに手ごわい相手と思ったと後に語り合います。

 

剣を1度ぶつけ合うもお互いのにらみ合いが続きます。

そんな時、細川藤孝を馬に乗った将軍足利義輝(向井理さん)が制止します。

 

明智十兵衛光秀に剣の流派を聞き、細川藤孝に「同じ流派であり、仲間内での戦いはやめておけ」と涼しい顔でいさめます。

そこへ三淵藤英(谷原章介さん)がやって来て堺の鉄砲の店であったこと、明智十兵衛光秀に襲い掛かろうとしたのが、自分の弟であること、自分たちが足利義輝に仕えていることなどを教えてくれ、藤孝の無礼を誤ってくれました。

和解して別れていく時には、イイ感じの関係になりそうな細川藤孝と明智十兵衛光秀です。

なほこ
さて、史実で年齢を当てはめてみると・・・この時足利義輝は12歳くらい、三淵藤英は生まれた年がわからないのですが光秀より少し上くらいでしょうか、「麒麟がくる」5話では彼らを若い世代としてみる力が必要です。ついでに言うと松永久秀ではこの時点で40歳くらいです。

 

涼しい顔をしていましたが、足利義輝も剣術には熱心な性格で、血気盛んな細川藤孝と気が合い、お気に入りでそばに置いていると三淵藤英は明智十兵衛光秀に説明します。

細川藤孝は足利義輝のもとへ急ぎ、三淵藤英は明智十兵衛光秀に鉄砲を用意してくれた松永久秀(吉田剛太郎さん)に会いに行くと言います。

明智十兵衛光秀は、酔っぱらって寝込んでいる間に松永久秀が鉄砲を用意してくれたのでお礼を言えていなかったのでお礼を言いたいとついていきます。

松永久秀は明智十兵衛光秀のことを覚えていてくれました。

三淵藤英は松永久秀と今後の戦に鉄砲を使うのだろうと話し合っています。

三淵藤英は鉄砲を戦に使うつもりはないが、そろえておきたい気持ちはあるようです。

松永久秀は、明智十兵衛光秀に鉄砲の威力は、発砲しなくても相手がその威力を知っていれば相手の動きを止めることができると教えてくれます。

戦の抑止力になるから、将軍は鉄砲を集めたいのだと教えられます。

 

鉄砲づくりの名人伊平次とは?

鉄砲づくりの職人に会いに本能寺まできた明智十兵衛光秀でしたが、三淵藤英は伊平次はもうすでにいないと言います。

松永久秀は、伊平次の居場所を知っていました。

なんと伊平次は遊女と遊べる店に入り浸っていました。

飽きっぽく酒浸りで鍛冶屋を転々としてきた伊平次ですが、その腕は高く評価されています。

松永久秀は伊平次に何とか、鉄砲を作ってほしいと頼み込みますが、伊平次は一人に作ると次から次へと「あいつよりも多く」と注文がくる繰り返しで大変だからやらない」とことわります。

そんなやり取りを見ていた明智十兵衛光秀は、伊平次の顔に見覚えがありました。

まだ伊平次が悪童と呼ばれていたころ、井戸で冷やしていた瓜を盗もうとして井戸に落ちた伊平次を助けたことがありました。

昔話に花が咲く明智十兵衛光秀と、伊平次ですが、松永久秀が伊平次に更に鉄砲を作る話を持ち掛けます。

でもそんな話を無視して、伊平治は明智十兵衛光秀と銃を解体して見せると花街を後にして来週に続きます。

 

このシーンですれ違う駒と明智十兵衛光秀は、すれ違いで別れていくのですが、第6話は少し、二人が近ずきます。

麒麟がくる6話のあらすじ

足利将軍の時代は、6代将軍足利義教が庵淳田頃から内乱が続き、応仁の乱など有名な欄もあり足利氏は飾り物のような形になり、足利義輝の時代には実際の権力を握っていたのは三好長慶でした。

そんな折、足利義輝も参加する連歌の会で三好長慶が狙われるという噂が立ちます。

伊平次は遊女屋に入り浸っていたときに、松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画を聞いてしまいます。

その話を聞いて明智十兵衛光秀は、藤英と藤孝に向かって「将軍が争うな」と言わなければならないと進言します。

それをそばで聞いていた足利義輝は、藤英・藤孝兄弟に明智光秀と一緒に行ってくるように命じます。

連歌の会が行われている場所では、松永久秀も三好長慶のいる部屋の近くで控えていましたが、まさかこんな公家や貴族が集まる場所で自分が狙われているとはは思わず、気を抜いて居眠りをしていました。

するとそこへ別の近習が血まみれでやって来てあわてて、松永久秀は三好長慶を馬で逃がします。

そこへやってきた明智十兵衛光秀と藤孝が現れ、細川晴元の資格を追い払い、松永久秀の危機を救いました。
しかし、明智十兵衛光秀は、肩に傷を受けていました。

心配する周りに京には知り合いの 東庵という医者がいるのでそこへ行くと言って、 東庵を知る三好の家臣と 東庵のもとへ向かいます。

馬に揺られながら出血がとまらない明智十兵衛光秀は、 東庵の家から走り出てきた駒を見るがそのまま意識を失ってしまいます。

翌々日まで眠り続けた明智十兵衛光秀を献身的に見守る駒の姿が、来週にはみられます!

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪