『明智光秀』を演じた俳優キャスト一覧!麒麟がくる・長谷川博己

本能寺の変の悪役『明智光秀』とは?長谷川博己キャスト・麒麟がくる

『明智光秀』を演じた俳優キャスト一覧

麒麟がくる主役!
長谷川博己さんに注目♪

 

大河ドラマで明智光秀を演じた俳優キャスト一覧

なほこ
明智光秀が日本史上でも有名な人物です!
過去の大河ドラマだけでもそうそうたる俳優さんが演じられています。

 

放送年 大河ドラマ名 明智光秀キャスト
1965年 『太閤記』 佐藤慶さん
1973年 『国盗り物語』 近藤正臣さん
1978年 『黄金の日々』 内藤武敏さん
1981年 『おんな太閤記』 石濱朗さん
1983年 『徳川家康」 寺田農さん
1989年 『春日局』 五木ひろしさん
1992年 『信長KINGOFZIPANGU』 マイケル富岡さん
1996年 『秀吉』 村上弘明さん
2002年 『利家とまつ』 萩原健一さん
2006年 『功名が辻』 坂東三津五郎さん
2009年 『天地人』 鶴見辰吾さん
2001年 『江~姫たちの戦国~』 市村正親さん
2014年 『軍師官兵衛』 春風亭小朝さん
2016年 『真田丸』 岩下尚史さん
2017年 『おんな城主直虎』 光石研さん
2020年 『麒麟がくる』 長谷川博己さん

 

なほこ
大河ドラマだけでも15人!長谷川博己さんで16人目です。俳優はもちろん、演歌歌手・歌舞伎俳優・落語家・作家と太守多様なキャラクターがこれまでの大河どらまでは明智光秀を演じています。


 

 

明智光秀は本当はどんな人だったのか

戦国時代~安土桃山時代の人物で、織田信長に見いだされて、重臣として取り立てられますが、『本能寺の変』というクーデターを起こし、信長を自害させてしまった男が明智光秀です。

その後岡山あたりにいた羽柴秀吉(豊臣秀吉)が兵を率いて戻り、追い詰められ農民に殺されたという説があります。

「今回の麒麟がくる」では19歳の明智光秀からはじまります。

明智当主だった父亡き後、後を継いだ叔父の下で、育ちますが、武士の子として母から厳しく育てられる姿が描かれていきます。

父のいとこである女性と結婚した斎藤道三(本木雅弘さん)に仕え、いとこである高政(伊藤英明)・帰蝶(川口春奈さん)と幼馴染として育ちます。

前半の見どころは、この斎藤道三・高政親子の争いや、明智が治めていた土地を守る光秀の姿が描かれます。

鉄砲の知識を松永久秀(吉田剛太郎さん)から学び、医術を望月東庵(堺正章さん)から学びます。

なほこ
学ぶというよりは、見て覚えるというようですが、知将といわれる明智光秀の一面が見えてきます。

「麒麟がくる」の中では、明るくさわやかなこの青年が、本能寺の変を起こすまでの人格がどう確立されていくのかが気になります。

 

明智光秀を演じる長谷川博己さんの意気込みは?

歴史の中では、戦国時代のヒーロー織田信長を暗殺した裏切り者として描かれた明智光秀を長谷川博己さんが演じるにあたり、どんな思いだったのかをいくつかのインタビューから
確認しました。

「明智光秀は、僕にとっては神秘的に感じる、今の歴史は勝者の歴史ですから、勝者にいいように明智光秀という人物が作られていると思います。

調べていけば、行くほど明智光秀は従来のイメージとは違う気がしている」

と長谷川博己さんが感じた「明智光秀」について語っていました。

長谷川博己さんに大河の主役、それも「明智光秀」のオファーがあったのは朝ドラ「まんぷく」の主人公の夫役が決まった時の事だったそうです。

夫役とはいえ、長谷川博己さんの役はインスタントラーメン・カップラーメンを初めて作り上げる発明家の役です。

歴史上の人物を連騰で演じるのは「さすがに無理だろう」とオファーがあったときにはおもったそうです。

けれど一生に一度できるかどうかの大河の主役です。

さらに脚本は長谷川博己さんが尊敬する「池端俊策」先生だったことも長谷川さんを大河へと推し進めた理由となりました。

その池端先生は
「明智光秀は宿命を受け入れた人なんだ」
と言っていたそうです。

このことから、長谷川博己さんは自分も大河ドラマの「明智光秀」を受け入れることで、長谷川博己さんも役者としての宿命を受け入れたのだと話していました。

オファーを受けた時点では「主役ということで悪くは描かれないだろう」という思いと「えて悪人を主人公にしたら面白い」と思ったそうです。

池端先生の脚本を読み始めると、だんだんと演じるべき「明智光秀像」が見えてきたそうああです。

脚本家の池端先生は「明智光秀はハムレットのような存在」といったそうです。
ハムレットは「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」のセリフで有名ですが、内向的で実行力に乏しい・誇大妄想・被害者意識が強いそんな風に言われてしまう人物です。

でも初回からの明智光秀はまっすぐで、情熱的でさわやかな青年が台本にはえがかれています。

長谷川博己さんは悩んだそうですが、演出家の方のアドバイスにより「本能寺の変からの明智光秀から逆算しない」ことを選んだそうです。

なほこ
学生時代の友人が良い方向にしろ、悪い方向にしろ代わってしまうことはよくありますよね。
生きている間に作られる人格を最初はさわやかで情熱的でまっすぐに演じていこうと決めたようです。

明智光秀を演じる長谷川博己さんとは

今回の「麒麟がくる」では、子役は使わずに、19歳の青年明智光秀が受け継いだ土地を荒らされてしまったことで、農民と一緒にそれを復旧させる姿から始まります。

そんな明智光秀を演じる長谷川博己さんは、NHKによって発掘されたといっても過言ではない俳優さんです。

2010年大人の恋愛を描いたNHKのドラマ「セカンドバージン」で一気に注目を浴び、このドラマは映画化もされました。

その後、夏目漱石を描いたNHK作品「夏目漱石の妻」で「麒麟がくる」の脚本家池端俊策さんと出会います。

大河ドラマ「八重の桜」では主人公八重の最初の夫役を演じました。

なほこ
この時の役は覚馬と共に新式銃の開発を行う川崎尚之助という役で、「麒麟がくる」でも鉄砲を使い始めるところが描かれていきます。
NHKと長谷川博己さんは宿命の相手のようですね。
 
「シン・ゴジラ」が話題になったことから、2016年紅白歌合戦の中のミニドラマにも参加します。

そしてNHK朝ドラ「まんぷく」の立花萬平役を経て、大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決まりました。

もちろん民放ドラマでも映画でもたくさんのすぐれた作品に出ています。
 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪