麒麟がくる代役は川口春奈さん!本命の代役は誰だった?濃姫キャスト!

「麒麟がくる」沢尻エリカの代役は川口春奈!!

いろいろな意見が出ていた代役ですが!
「麒麟がくる」の帰蝶・濃姫役が、川口春奈さんに決まりました。

最初から撮り直しとなると、一分一秒でも早く決めたいというところだったと思います。

いろいろな名前が上がっていた沢尻エリカの代役ですが、全くのノーマークの女優さんでした。

なぜ川口春奈さんはノーマークだった?

川口春奈さんは
時代劇初挑戦
大河ドラマ初出演

よくぞ受けてくれました!

皆んなで応援しましょう^^

 

さて、みんながノーマークだった理由に、川口春奈さんが1995年2月10日生まれの24歳と候補とマスコミが言っていた女優さんたちより若いというのもあります。

沢尻エリカさんが33歳なので、みんなの予測はアラサー世代の女優さんを予測していた意見が多かったです。

なほこ
私自身もここでは、満島ひかりさん、のん(能年玲奈)さん、柴咲コウさんなどなど考えていましたが、全く思いもよらなかったです。

 

本命の代役は誰だった?濃姫キャスト!

2019年11月21日朝のニュースでは、沢尻エリカさんの代役としてNHKがリストアップしていた女優さんが数名いて、その本命には断られたと発表されていました。

  1. 満島ひかり
  2. 蒼井優
  3. 貫地谷しほり
  4. 広末涼子
  5. 内山理名

 

この誰かが本命の女優さんだったようです。

なほこ
私もこちらで予想していましたが、「満島ひかりさん」が大本命だったんじゃないかと。

 

大河も時代劇もはじめてという川口春奈さん。

すぐに役柄をつかんでもらわなければいけないという事で、NHKの時代劇に出ているとか、馬に乗れるとかその辺が条件になっていたと言います。

川口春奈さんの経歴を見てみると

2007年 第11回『ニコラ』のオーディションでグランプリを受賞
2007年 研音の子供部門に所属が決まる
2007年 9月1日発売の二コラ10月号でモデルデビュー

2009年 春に三井のリハウス第13代リハウスガールに選ばれ研音の大人部門へ
2009年 月9の秋ドラマ枠『東京DOGS』で女優デビュー
2010年 単発ドラマ『初恋クロニクル』でドラマ初主演

と、24歳と若いですが、女優としては10年の経験があります。

その他、多くの人が知る作品としては

2014年 4代目『金田一少年の事件簿neo』のヒロイン美雪役があります。

NHKへの出演は、2016年7月10日~8月28日放送の(NHK BSプレミアム)受験のシンデレラにヒロイン・遠藤真紀 役で出演されていました。
 
10代の頃は学園ものが多かった川口春奈さん、20代はいろいろ演じて来て、ここにきて
大きな役に出会いました。

大きな重圧で、最初から曲者の俳優ばかりの「麒麟がくる」ですが、応援したいですね。

なほこ
着物の所作など、身に着けるまで大変だと思いますが、画像を検索するとモデル時代に晴れ着を着るお仕事もされているので、頑張れるのではと思います。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加