麒麟がくるキャスト谷原章介さんの「三淵藤英」とはどんな人物?

麒麟がくるキャスト谷原章介さんの「三淵藤英」とはどんな人物?

足利家に最期まで仕えた三淵藤英

なほこ
谷原章介さん演じる三淵藤英は、麒麟がくるの第1話で明智光秀(長谷川博己さん)が、鉄砲を探しに堺に出てきた時にまさに公家!貴族!といった感じで登場しました。

歴史上では重要な人物ですが、戦国時代はありとあらゆる武将が出てくる時代、一般的にはマイナーかもしれない三淵藤英について見ていきます。

見逃した方はこちらでどうぞ↓

          

足利義輝に仕える『三淵藤英』とは?

「麒麟がくる」では向井理さん演じる足利義輝の側近として働きます。

足利義輝が、松永久秀(吉田剛太郎さん)と三好三人衆によって起こされた「永禄の変」で暗殺されてからは、興福寺に監禁されていた後の足利義昭を救出し、朝倉義景を頼り、さらに織田信長の手を借りて、足利家最後の将軍足利義昭を誕生させます。

初めは協力関係にあった織田信長と足利義昭でしたが、関係が悪化して足利義昭が京都から追放され足利家が終わるまではしっかり足利家に仕えていました。

その後、信長に仕えることになった三淵藤英でしたが、手柄を立てているにもかかわらず、領地を没収され、明智光秀の坂本城に預けられた後しばらくして、信長から自害を求められ亡くなります。

「麒麟がくる」の足利義輝に仕えている時には、腹違いの弟細川藤孝(眞島秀和さん)とともに行動しています。

なほこ
後半足利義昭についてからは、弟の細川藤孝(後の幽斎)は織田信長の方についてしまうので、その辺も見どころになると思います。

 

麒麟がくる『三淵藤英』の谷原章介さんの意気込み

谷原章介さんの演じる三淵藤英は、足利幕府を中心に冷静に国をどう治めるかをバランスよく考えている人として演じているようです。

反対に真島秀和さんが演じる細川藤孝は、情に厚く、理想に燃えてどんどん前に突き進んでいく激しいタイプで、この兄弟の対比を楽しんでほしいと言っています。

一見するとにこやかで平和的に見える三淵藤英ですが、「中身はプライドが高く、底意地の悪いところが出せたら面白いですね」と語っています。

なほこ
1話の堺の鉄砲を扱うお店で明智光秀と出会った時に、どこか明智光秀を見下したような感じ出ていたので、その辺も楽しみです。

 

なほこ
2月15日の土曜スタジオパークでは、藤英は清濁併せのむタイプで理想を追い求めても仕方ないというタイプなのに対して、弟の藤孝は自分の中にある正しいと思う理想を貫き通すと兄弟の違いを言っていました。

谷原章介さんは、大河ドラマは常連と思うほど印象深い役を演じています。

放送年 作品名 谷原章介・役柄
2004年 「新選組!」 伊藤甲子太郎
2007年 「風林火山」 今川義元
2010年 「龍馬伝」 桂小五郎
2014年 「軍師官兵衛」 竹中半兵衛

 


民放の現代劇ではイケメン役も多いのですが、どこか一癖ありそうな難しい役を演じることもあります。
情報番組の「王様のブランチ」のメインMCなどもこなしていました。
奥さんの連れ子含めて6人の良き父親でもある谷原章介さんは、奥さんを助けて家の仕事や子供の世話も手を抜かない人だそうです。

 

『三淵藤英』を演じた俳優とは?

大河ドラマ「国盗り物語」では弟の細川藤孝はあっても、三淵藤英がなかったりと兄弟で名前が残っているドラマがないものもありました。

なほこ
足利義輝や足利義昭が出ている大河ドラマはあっても、三淵藤英にまで広げている大河ドラマは少ないですね。

大河ドラマ 信長 KING OF ZIPANGU(1992年) 渡辺寛二
これだけしか見つけられませんでした。

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪