「麒麟がくる」向井理さんキャスト「足利義輝」とは?演じる孤独な将軍

「麒麟がくる」向井理さんが演じる孤独な将軍「足利義輝」とは

麒麟がくるの5話では明智光秀が再び京都に向かい、鉄砲にかかわる人たちと出会います。

足利家と明智光秀の出会いがあるのですが、向井理さん演じる「足利義輝」についてまとめてみました。

見逃した方はこちらで視聴できます
↓↓

          

 

足利将軍『足利義輝』とは?

足利義輝は足利幕府の13代目の将軍です。

まず足利尊氏が征夷大将軍となってから、足利幕府は237年も続きました。

なほこ
德川の江戸時代と同じくらい長い長期政権だったんですね~。しかし、あまり印象に残っていないのは理由がありました。

足利幕府の6代目将軍「足利義教」が暗殺されたことで、その後内乱も続き、10代目では「三好長慶」が実権を握っていました。

そんな内乱状態のまま13代目の将軍を引き継いだのが足利義輝(向井理さん)です。

 

12代将軍「足利義晴」と正妻の間に生まれた正式な跡取りである「足利義輝」はわずか11歳で将軍の位につきます。

これは12代将軍である父の足利義晴が、自分が元気なうちに後見として息子の「足利義輝」を支えるためでした。

これは実権を三好氏に奪われただけでなく、足利氏の地位を細川氏も別の足利将軍をたてようと足利義輝の父と対立しましたが、こちらは和解します。

周りが騒がしい状態で育ったからでしょうか、足利義輝は後の世で剣豪と言われるほどの剣の腕前だったそうです。

足利義輝は京都に金閣寺(足利義満)をたてた時代のように足利氏の実権を取り戻そうとして努力します。

そのために各豪族との友好関係を築くことに努力しました。

けれど、足利将軍はあくまでも飾り物でいてほしい松永久秀(吉田鋼太郎)と三好三人衆が大軍を引き連れてやってきました。

一斉に襲い掛かられ、何十人も倒したという逸話を持つ足利義輝ですが、さすがに多勢に無勢、わずか29歳で壮絶な最期を迎えることになってしまいます。(永禄の変)

なほこ
多くの豪族と友好関係を築くことに尽力した足利義輝の死を多くの人が悲しみました。

京都の天台宗の寺院・真正極楽寺(真如堂)には3000人の人が集まり、念仏と一緒に慣らされた鐘の音には7~8万人の人が足利義輝のために祈ったといいます。
詳しくはこちら↓

 

麒麟がくる『足利義輝』の向井理さん意気込み

今回の麒麟がくるで「足利義輝」を演じるのが、イケメン俳優「向井理」さんです!

向井理さんにとって初めての時代劇が大河ドラマ「江」で、主人公の夫になる徳川秀忠のキャストを務められています。

この時にはベテランの石坂浩二さんや父親の徳川家康役に北大路欣也さんたちに時代劇の事はもちろん、演技のことなどいろいろと教えてもらったそうです。

「麒麟がくる」での「足利義輝」は足利尊氏から始まった室町幕府の終わりが近づく頃の将軍です。

11歳で将軍となっ田孤独感と足利家の将軍たちが背負ってきた業を向井理さんなりの表現で演じたいと言っています。

そんな中で明智光秀と出会い、二人の間には友情のようなものが芽生えるようですが、それはドラマの中でのお楽しみです。

もう一つ、大河・朝ドラファンとしては朝ドラ「ゲゲゲの女房」で貧乏のどん底にいた水木しげる(向井理さん)をメジャーな場に引っ張り上げた雑誌の編集長を演じた真島秀和さんが、向井理さんをお守りする家臣と聞いてうれしくなりました。

向井理さんはそれまでも「あたしンちの男子」「のだめカンタービレ」などで実績を積んできましたが、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」で大きくブレイクしました。

その後はドラマ・映画にひっぱりだこで、フジテレビの「信長協奏曲」では織田信長の側近池田恒興を演じました。

結婚して子供もいる向井理さんですが、恋愛ドラマでは相変わらず、向井理さんの笑顔にやられたとか、胸キュンする女性がいっぱいです。

 

『足利義輝』を演じてきた俳優とは?

放送局 作品名(年) キャスト俳優
大河 天と地と(1969年) 山本学
大河 国盗り物語(1973年) 竹脇無我
大河 信長KINGOFZIPANGU(1992年) 大野進也
テレ東 織田信長(1994年) 北大路欣也
テレ東 国盗り物語(2005年) 千葉哲也
大河 功名が辻(2006年) 山口洋行

 

なほこ
大河ドラマ「江」での向井理さんの父親を演じた北大路欣也も「足利義輝」役を演じていたんですね。

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪