西郷どん46話(12月9日)の動画見逃したらここ

西郷どん46話(12月9日)の動画見逃したらここ

西郷どん 第46話

なほこ
西郷どんの第46話(2018年12月9日放送)の動画を視聴する方法をご紹介します。

 

西郷どん46話のタイトルは『西南戦争』

なほこ

来週は最終回ですね。
今朝のあさイチに鈴木亮平さんが出て、46話のシーンを語っていました。
糸が来るラストシーンは、フィクションかと思っていたら、実際に田原坂にある
公園にその跡地があると、話していました。
46回も切なかったです。

 

お楽しみください!

そ郷どん46話をリアルタイムで見逃してしまっても大丈夫ですよ!

 

大河ドラマ『西郷どん』の見逃し動画をお得に安全に見る方法

西郷どんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

 

NHKの動画はポイント視聴作品

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

ずばり!こうやってお得に視聴できる!

西郷どんは1話は216ポイントで見れます。

この順番でやってみましょう。

    1. U-NEXTにお試し登録(無料)
    2. 登録したら600ポイントもらえる
    3. その600ポイントで大河の動画を見る
    4. 大河ドラマは1話216ポイント
    5. 2~3日以内に見る
    6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
    7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

 

テレビでも見れますよ。

 

もっと沢山見たい方は!

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪
なほこ
私もU-NEXTに登録しています。
この画像は私のU-NEXT管理画面です。

*以上は2018年7月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

西郷どん第46話『西南戦争』のネタバレと感想

西郷どん第46回「西南戦争」

西郷どんは47回が最終回です。ですからクライマックス「田原坂」での戦いも描かれます。そして島津久光公が、45回で気になった「視察」なのか「刺殺」なのかを問いただすシーンがあります。

西郷討伐に進む新政府。

東京に政のあり方をもう一度ちゃんと話し合いたいという想いから東京に向かった西郷隆盛(一行でした。しかしそれを受け止める新政府の大久保利通(瑛太)は、少し苦しい顔をしながらも西郷討伐の詔を天主さまにお願いします。

東京に向かう道、熊本城で、火の手が上がります。熊本にすでに西郷討伐の通知が来ていたのです。西郷を新政府には向かう賊軍として通知したそのふみを見て、西郷も覚悟を決めて戦います。これが1877年(明治10年)西南戦争です。

田原坂での敗戦

戦いの場になったのは熊本県熊本市北区植木町豊岡一帯で、政府軍を吉地峠で、鉄砲や大砲持つt買いつつ、サムライらしく刀で迎え打ったといいます。

なほこ
西南戦争がハリウッド映画ラストサムライのモデルであると言うのは、サムライとして刀を使う最後の戦いとなったからです。

銃を使っていた菊次郎(今井悠貴)は足に銃弾を受けます。西郷の末の弟小兵衛(上川周作)はそれを守ろうとして、注意を自分に向け、盾になり戦死します。菊次郎の足は切断するしかない状態で、菊次郎が意識を取り戻した時には、片足がなくなっていました。

西郷はもう言葉を発することのない弟小兵衛に微笑みかけ、その顔を涙で歪ませます。

敗戦の色が濃くなり西郷は、休ませてくれている村で、これ以上の犠牲者を出さないために軍の解散を宣言します。生きていたいものは降伏して生きろ、死にたいものは死になさい。

個々の判断にゆだねている頃、島津久光(青木崇高)の所に新政府の役人たちが、西郷を説得するようにと言ってやってきます。協力する前に久光は、スパイとして送り込まれた中原が持っていた、紙に書かれた「しさつ」の意味を聞きます。

ただ様子を見に来るだけなのか、それとも殺そうとする刺殺だったのか、と。

政府軍は、答えませんでしたが、その様子から新政府は、西郷を殺すつもりだったようです。

糸との最後の別れ

西郷自身は自分の道を決め、軍服を燃やします。そこへやっと追いついたと言って糸(黒木華)がやってきます。そしてこの二人の夜が二人の別れになります。

吉之助さんが、西郷隆盛でなかったら良かった。

西郷から望みを聞かれて、一人の男としての吉之助にずっと生きていてほしいという、糸の本当の気持ちです。けれど西郷隆盛は、降伏して生き延びるよりは、西郷隆盛として死ぬ方を選ぶと言う事が糸にはわかるからの言葉でした。

切ない言葉を言ったあとに泣き出す糸を何も言わずに、ただ抱きしめる西郷。それしかできない西郷の西後の夫としてのやさしさでした。

 
見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加