西郷どん45話(12月2日)の動画見逃したらここ

西郷どん45話(12月2日)の動画見逃したらここ

西郷どん 第45話

なほこ
西郷どんの第45話(2018年12月2日放送)の動画を視聴する方法をご紹介します。

 

西郷どん45話のタイトルは『西郷立つ』

なほこ

ようやく西郷隆盛も政府から離れて、鹿児島で余生を・・・と穏やかな生活を送っていましたが、慕われる者の定めか・・・
やっぱり戦へ導かれていくんですね・・・

これも運命か。この後は歴史的にも有名な激闘の西南戦争に。
西郷どん45話はそんななぜ西郷隆盛がふたたび戦を起こすことになったのか、そのストーリーになります。

 

お楽しみください!

そ郷どん45話をリアルタイムで見逃してしまっても大丈夫ですよ!

 

大河ドラマ『西郷どん』の見逃し動画をお得に安全に見る方法

西郷どんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

 

NHKの動画はポイント視聴作品

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

ずばり!こうやってお得に視聴できる!

西郷どんは1話は216ポイントで見れます。

この順番でやってみましょう。

    1. U-NEXTにお試し登録(無料)
    2. 登録したら600ポイントもらえる
    3. その600ポイントで大河の動画を見る
    4. 大河ドラマは1話216ポイント
    5. 2~3日以内に見る
    6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
    7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

 

テレビでも見れますよ。

 

もっと沢山見たい方は!

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪
なほこ
私もU-NEXTに登録しています。
この画像は私のU-NEXT管理画面です。

*以上は2018年7月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

西郷どん第45話『西郷立つ』のネタバレと感想

西郷どん第46回 西郷立つ

西郷(鈴木亮平)の立てた私学校は、順調に教育が進み、2000人もの学生の集まる学校になりました。

現代の学校で1クラス40人として9クラス6学年の小学校と考えると2160人。すごい数
ですね。

薩摩を守りたいのは大久保も同じ

前は敵だった庄内からの学生もやってきて、西郷は喜び、息子の菊次郎(今井悠貴)に生徒たちを案内させます。そして新政府のやり方が嫌になったと言って数名の学生も来ました。しかしその中には、西郷が反乱を起こさないようにと監視する係の学生「中原尚雄」もいました。

「薩摩に賊軍の汚名を着せてはならない」川路利良(泉澤祐希)が言うように大久保(瑛太)は、心から西郷そして、薩摩を思っての事でした。

刀まで取られる政府の方針に反発する学生たち

それでも各地から聞こえてくる幕府への士族たちの怒り、そして薩摩でも刀を取りあげられることになって士族たちの怒りは、はじける前の風船のように膨らんでいました。今まで与えられていた士族の給料の廃止。それに怒った士族の反乱にも軍隊を使って力でねじ伏せていました。

私学校で何かあったら、西郷に責任を取らせる、それは西郷自身も自分が責任を取らねばならないと思っていました。

そんな時に、生徒が幕府の火薬庫を襲い、銃弾や銃弾を奪うと言う事件が起きてしまいました。中原はその様子を見て「ボウズヲシサツセヨ」と電文を大久保に伝わるように打ちました。それが仲間に見つかり、中原は拷問にかけられ白状します。

なほこ
ネットでも話題だったのですが、これ漢字で書くと意味が違う2種類になります。「坊主(西郷の事)を刺殺せよ」と「視察せよ」この時代では銃殺の方が多かったのではと思うと、「刺殺」なのではと思う人が多いのは納得できます。

西郷隆盛!東京に向かう

西郷は大切な友達の大久保が、自分を殺せと言う命令を放つのかと、この国を良くしようと捨て石になろうとした西郷に対する裏切りだと、生徒たちから言われて西郷は涙を流して嘆き、悲しみます。

「視察」なのか「視察」なのか冷静な時の西郷なら考え付いたこともできない程に感情は高ぶっていたのでしょう。それでももう一歩踏みとどまって、挙兵するではなく、大久保に会って「政(まつりごと)のあり方を問いただし、そしてみんなで元気に薩摩に戻ってこようと笑って見せます。

西郷が、鹿児島を生徒たちを引き連れて東京に向かったことは、大久保にも伝わり、大久保は自分が西郷に会いに行くと、取り乱します。大久保を止めたのは岩倉具視(笑福亭鶴瓶)です。

「あんたが居なくなったら日本はどうなるんや」

大久保は、そのまま東京に残り、西郷は息子菊次郎も連れて東京を目指します。西郷も大久保も根底には信頼関係があって、お互いの為に動いていたのに、運命の歯車は、戦の方向へと向かいます。

見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加