西郷どん35話の動画(9月16日放送)戦の鬼

西郷どん35話の動画(9月16日放送)戦の鬼

西郷どん 第35話

なほこ
西郷どんの第35話(2018年9月16日放送)の動画を視聴する方法をご紹介します。

 

西郷どん35話のタイトルは『戦の鬼』

前回の34話では、ついに徳川慶喜が大政奉還を断行しました!

そして、そしてこの35話では、
あの歴史的にも有名で、悲劇的で、謎の多い『坂本龍馬 暗殺』の場面、近江屋事件のとこがやってきてしまいます。

坂本龍馬、西郷吉之助、この2人はどんな関係になっていくのか?
『戦の鬼』というタイトルはいったいどんな意味があるのか?

お楽しみください!

そんな西郷どん35話をリアルタイムで見逃してしまっても大丈夫ですよ!

 

 

大河ドラマ『西郷どん』の見逃し動画をお得に安全に見る方法

なほこ
再放送が土曜日にありますよ

大河ドラマは毎週日曜日に放送されますが、見逃してしまったら、6日後の土曜日に『再放送』があります。

再放送毎週土曜日
(13:05~13:49)[/aside]

 

なほこ
  • 再放送も見逃した
  • 過去のあの回を見たい
  • 気になるキャストの登場回を見たい

などあるかと思います。

そんな時、この方法で西郷どんの過去の放送回が全部見れますよ。

 

西郷どんが見れる動画配信サービスはどこ?

違法にアップロードされた動画ではなく、安全にフルで西郷どんが見れる公式の動画配信サービスはどこなのか?

動画配信サービス 西郷どん配信
U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

 

西郷どんや朝ドラのような『NHKオンデマンド作品』を動画配信しているのは
現在U-NEXTだけ
なのです。

西郷どんの見逃し動画を視聴できるのは
U-NEXT(ユーネクスト)
という動画配信サービスです。

 

 

NHKの動画はポイント視聴作品

 

なほこ
U-NEXTはお試し登録すると【見放題】作品はいくらでも31日間に無料で見れます。

しかしポイントを使わないと見れない動画があります。
『NHKオンデマンド』作品はポイント視聴になります。

 

 

ずばり!こうやってお得に視聴できる!

西郷どんは1話は216ポイントで見れます。

この順番でやってみましょう。

    1. U-NEXTにお試し登録(無料)
    2. 登録したら600ポイントもらえる
    3. その600ポイントで大河の動画を見る
    4. 大河ドラマは1話216ポイント
    5. 2~3日以内に見る
    6. 他の『見放題作品』ならどれでも見てOK
    7. お試し期間31日以内に解約するか継続か決める。

 

テレビでも見れますよ。

 

もっと沢山見たい方は!

  • お試し期間が終わっても毎月1200ポイントもらえる
  • それで『NHK特選見放題パック』の月額972ポイントを払う
  • NHK作品が見放題になる♪
なほこ
私もU-NEXTに登録しています。
この画像は私のU-NEXT管理画面です。

*以上は2018年7月現在の配信状況です。配信内容は変更しますのでU-NEXTページでご確認ください。

 

西郷どん第35話『戦の鬼』のネタバレと感想

 

35話『戦の鬼』

 

 


西郷どん

第35話は『戦いの鬼』でした。

 

今回は、坂本龍馬の暗殺が描かれます

龍馬との別れ

 

慶喜(松田翔太)の大政奉還の真意は、政を長い間やっていなかった朝廷は、国を動かすことが難しいと言って泣きついてくるのも待つというもの。

 

西郷(鈴木亮平)はそれを見抜いているから、慶喜の命を取らなければならないと、龍馬(小栗旬)に言います。

 

これまで、「戦をせずとも道がある」と言って傷つく民衆の事を考えていた西郷の言葉に驚く龍馬。

龍馬が懐に手を入れた時、西郷は、龍馬の動きが自分を狙うのかと、構えていたが、ふとことから出したのは、カステラでした。

 

なほこ
西郷はお酒が飲めない代わりに甘いものが大好き、友達の龍馬はそれを知っていたんですね^^

 

でも大好きなカステラを差し出されても、受け取れないぐらい、慶喜を見逃すことが出来なくて、龍馬とは、けんか別れになってしまいます。

 

これが、龍馬と西郷の最後のお別れになってしまいます。

 

薩摩では

 

慶喜に向けて兵をあげるために薩摩に戻って来た西郷は、領主の島津久光に、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)に書いてもらったニセの朝廷の倒幕の命令書を見せて、倒幕を迫ります。

 

鬼のようになってしまった西郷ですが、実家に帰って、糸が産んだ寅太郎たちといる所は、昔のままの優しい西郷です。

 

京都・近江屋・坂本龍馬暗殺!

 

龍馬は、西郷の話をしながら中岡慎太郎と酒を酌み交わしている、少し風邪気味の龍馬、中岡も「武力が必要では?」と言っているが「戦にならないやり方は、必ずある」そう言って西郷にも理解してほしいと願っている。

 

この時、中岡が土佐弁で外の物音に話しかけてしまった事で、中にいるのが、土佐の者だとバレて、二人はいきなりの襲撃にあってしまいます。

 

準備もないまま、いきなり切りつけられた二人、龍馬は刀に移った自分の顔を見て「こりゃいかん。まだ死ねん。今じゃないぜよ」と…道半ばで倒れてしまいます(享年33歳)

 

なほこ
「こりゃいかん。まだ死ねん。今じゃないぜよ」このセリフは、龍馬を演じてみた小栗旬さんが、演出の盆子原さんに頼んで加えてもらったのだそうです。

 

龍馬の死を知る西郷

 

3000の兵を率いて、京都に来た西郷は大久保(瑛太)から龍馬の事を聞いたところに、入ってくるお龍(水川あさみ)。

 

けんか別れしたばかりだから「西郷が殺したのか」というお龍に「殺したのは幕府だ」と言う西郷の弟・信吾(錦戸亮)や仲間たち。

 

「自由に旅がしたい、商いがしたい」そんな龍馬が殺された訳を知りたというお龍に「新しい時代に必要な人だったのに、守れなくてすまなかった」そう言って頭を下げる西郷。

 

幕末の民衆運動「ええじゃないか」に紛れて泣きながら去って行くお龍・・・。

 

 

なほこ

関西ジャニーズ出身の錦戸亮さんのアップからの「ええじゃないか」関西ジャニーズの後輩グループがこんなタイトルの歌を歌っています。NHKの忖度?(笑)

 

戦の鬼となる西郷

 

信吾は、お龍の姿にこの戦の意味を考えていますが、西郷は、慶喜を倒すために動き始めてしまいました。

 

世の中は王政復古の大号令(1868年)が発せられ、徳川の時代の要職が廃止され、新政府樹立を宣言しました。

 

その中で、徳川をかばう勢力もあり、岩倉や大久保たちは劣勢の中にありました。

 

しかし、岩倉たちの圧力のある話し合いの結果、慶喜を排除するという考えにまとまり、西郷の思うような結果となりました。

 

慶喜は京都から大阪に住まいを移したところに、江戸城の二の丸に火をつけたものがいると、聞き、薩摩が犯人だと聞かされます。

 

慶喜は薩摩との戦を望まなかったが、薩摩のしつこい攻撃に、怒った庄内藩によって戦いが始まってしまった。

 

それを利用し、嘘の情報を流し、兵たちに慶喜を討ち、徳川を終わらせようとする西郷。

 

戦いに突き進む西郷に弟の信吾は「戦で一番苦しむのは民」そう言っていた兄の気持ちの変化についていけないでいます。

 

兄にそう言っても、もう・・・言葉は届きません、戦の鬼になってしまった兄の背中を見て涙を流す信吾。

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 

 

見逃した方はこちらでどうぞ

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加