西郷どんの桜田門外の変があっさりしすぎ!井伊直弼真相は?

2018年5月27日放送の『西郷どん20話』で、西郷隆盛や島津斉彬や篤姫や月照や橋本左内や一橋慶喜など多くのものを苦しめ、命まで奪った張本人

 

井伊直弼

 

この井伊直弼がついに桜田門外の変で暗殺されます。

ちなみに井伊直弼が行った悪政が、安政の大獄です!

安政の大獄

安政5年(1858年)から翌年にかけて、江戸幕府が行った政府弾圧です。

西郷どんの井伊直弼がついに暗殺

西郷どんの視聴者にとっては、待ちに待った井伊直弼の最後だったんですが、、、

あっさりとシーンが流れて終わったと話題に(;゜∇゜)

 

桜田門外の編 過去のシーン

 

大老、井伊直弼 松陰先生をはじめとするたくさんの志士を罰し死に至らしめた男ではあるが、その人柄は茶と歌を愛し、一期一会を大切にする実直で思慮深い人物であったという。

 

1990年大河『翔ぶが如く』で有村俊斎を演じた佐野史郎氏が、2018年大河『西郷どん』で井伊直弼を演じて、俊斎の実弟 次左衛門に斬られる。 氏の役者としての懐の深さを思い知らされた名演でした。

 

桜田門外の変

安政7年(1860年)3月3日

井伊家上屋敷は濠を隔てた憲政記念館の高台にありました。

屋敷から外桜田門まで500m弱、井伊直弼の登城の列が外桜田門に差し掛かる桜田門交差点のあたりで浪士の襲撃がありました。

もっと詳しくはこちら
⇒安政の大獄 井伊直弼と長野主膳

井伊直弼を斬った薩摩藩士のキャストは誰?

有村次左衛門

キャストは山田大生さん

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加