西郷どんの日新公いろは歌の本あり!薩摩藩子供教育の基本書

西郷どんの日新公いろは歌の本あり!

2018年7月1日放送の大河ドラマ 西郷どん25話で「楼の上も はにふの小屋も住む人の~」と西郷さんが沖永良部島の子どもたちに教えていた薩摩に伝わる「いろは歌」
あのいろは歌の名前は『日新公いろは歌』
です。

 

日新公いろは歌の解説本があった

 

こちらです。
⇒薩摩の聖君・島津日新公の教えいろは歌47首に学ぶ善悪の理はこちら
 

めまぐるしく変わる社会情勢の中で、現代人が、とくに「大人」が失いつつある、正義を歩む勇気、恥を知る清廉な心、思いやりの気配り……。

かつて「薩摩の聖君」と呼ばれた島津日新公(しまづ・じっしんこう)。

彼が残し、のちに士道教化、師弟教育の教典となった「日新公いろは歌」(薩摩藩郷中教育の基本書)に学ぶ善悪の理。

幕末から明治といった激動の時代にあっても、私心に惑わされることなく、大局的な見地から何が「人の道」かを考え行動した篤姫、西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀といった、傑出した人物を薩摩藩が輩出した背景に「日新公いろは歌」あり!

47首に込められた「人として正しく生きる道」が、あなたの心に響く。現代にあって、なお色あせることなきその教えをわかりやすく解説していく。

混迷を極める今こそ見つめ直したい生き方が綴られた1冊。 【PHP研究所】

 


 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加