斎藤義龍(高政)の本当の父親は道三?土岐頼芸?(母は深芳野)

斎藤義龍(高政)の本当の父親は道三?土岐頼芸?
(母は深芳野)

 

麒麟がくるの3話では、こんな大きな疑問が出ます。

 

斎藤道三の息子
斎藤高政(義龍)』
のこと。

斎藤高政は本当に斎藤道三の息子なのか?
斎藤高政は道三の側室(深芳野)の子ではあるが、深芳野は以前、守護の土岐家の土岐頼芸(ときよしのり)の愛妾だったということは・・・
斎藤高政はもしかしたら、土岐頼芸(ときよしのり)の息子である可能性もある

??

だから父「斎藤道三」と息子「斎藤高政」は戦うことになったのか!?
 
なほこ
そんな疑問が起こるのが麒麟がくる3話です。

その事実はどうだったのか?
調べてみました。

 

 

 

斉藤高政とはどんな人物?

なほこ
斉藤高政のプロフィールです。
項目 斉藤高政プロフィール
名前 斎藤義龍
読み方 さいとうよしたつ
名前(大河) 斎藤高政
読み方 さいとうたかまさ
肩書 斎藤道三の息子
生年月日 大永7年(1527年)7月8日
母親 深芳野(みよしの)斎藤道三の側室
父親 斎藤道三(または、土岐頼芸?)
時代 戦国時代
美濃国
稲葉山城
明智光秀との関係 幼い頃からの学友
父親道三との関係 土岐頼芸の子かもしれないと疑う高政は、土岐家を軽んじる道三と衝突するようになる。
麒麟がくる 俳優は伊藤英明(44歳)岐阜県出身。
性格 まっすぐな男。自分の出生に疑問を抱いており、孤独を抱えている。
道三との戦い 「長良川の戦い」で父に勝つ
辞世の句 「三十余年、守護天入、刹那一句、仏祖不伝」

 

なほこ
斉藤高政に関する一番くわしい本がこちら
 

 

斎藤道三と義龍・龍興 (中世武士選書29)


 

斎藤道三の息子『斎藤高政』本当の父親は誰?

土岐頼芸と斎藤高政の関係とは?

 

なほこ
光秀とは幼い頃からの学友でした。まさか戦うことになるとは・・・
 


 

Wikipediaの情報では

なほこ
斉藤高政の本当の父親に関する有力な情報がありました。

実父は道三ではなく土岐頼芸であるとの説がある。母・深芳野は道三の側室となったときにはすでに頼芸の子を懐妊していたという

 

なほこ
深芳野と斉藤道三と土岐頼芸の関係図がこちらの公式Twitterに紹介されていますよ。
 


 

なほこ
側室になったとき妊娠していたという話も定かではないようですね。↓

ただし、信憑性に乏しく、当時でも義龍の父親は道三だと認めている第三者の手紙(六角義賢が永禄3年(1560年)、家臣に宛てた書状『六角承禎条書』による)がある。

 

なほこ
この情報元の六角義賢に関する本がこちら

六角定頼:武門の棟梁、天下を平定す (ミネルヴァ日本評伝選)

 

斉藤高政もっとわかりやすい動画


 
なほこ
なぜ斎藤道三は、わが子「斉藤高政」と戦ったのか?がこちらで解説されています。
 


 

斉藤高政は一見悪者のようなイメージもありますが、道三の死後、美濃国を長年の内乱から沈め、土地を治めた功績もあります。

なほこ
麒麟がくるを見逃した方はU-NEXTで視聴できますよ。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加

こちらもお楽しみ下さい♪