お龍はその後再婚した?お墓はどこ?

お龍はその後再婚した?お墓はどこ?

坂本龍馬の妻である『お龍(おりょう)』さん。

坂本龍馬が暗殺された後、お龍さんはその後どんな生涯を送ったんでしょうか?

なほこ
お龍さんは再婚したのか?
すごく気になりますね~!

今回は、坂本龍馬の妻『お龍(おりょう)』さんのその後の生涯を調べてみました。

お龍は坂本龍馬が亡くなってその後の生涯は?

お龍さんは、産まれた時は、京都の宮家に使えるお医者さんの娘として生まれたのですが、父親が安政の大獄で捕えられ、解放された直後に亡くなるという事があり、そこからは苦労の歴史だったそうです。

 

だから、お龍が実家に帰るとかそういうのもないし、気性が荒く、龍馬が生きていた頃から、坂本の家でも兄夫婦からも嫌われていたようです。

 

お龍は、一時的に坂本の家に身を寄せていたという話もあるのですが、龍馬の甥の坂本直からも意地悪をされたみたいです。

 

お龍の家の没落の後、売られた妹たちを、刃物を振り回して、取り戻してくるなどの行動に出たという逸話もあります。

 

男顔負けの強さを持っているお龍ですから、一般的な家に仕えるような女としての役回りは無理だったのでしょうね。

 

その後はお龍の妹の嫁ぎ先に身を寄せますが、そこも長くはいられません。

 

結局、お龍が元いた京都の池田屋のお登勢を頼って、龍馬と出会う前のような暮らしに戻ったようです。

 

*龍馬の作った海援隊の人からも、その気性の激しさから、お龍は嫌われていて、こっちでもアウトな人だった・・・。

 

お龍は再婚したのか?

 

その後お龍は、西郷隆盛や勝海舟を頼って東京に行って、「西村松兵衛」と結婚します。

西村ツルという名前で、横須賀の米が浜通りに住んでいたようです。

気性がかなり激しいお龍ですが、相当の美人だったそうですから、言い寄ってくる男は多かったのでしょうね。

 

なほこ
三谷幸喜さんが書いた脚本の舞台や映画だと、龍馬さん絡みの人の紹介で、結婚したという設定になっていました「竜馬の妻とその夫と愛人」ドタバタで笑えます!

 

でも、龍馬のいない寂しさからか、多少酒乱なところがあって、酔うたびに「私は坂本龍馬の妻だ」と再婚した後も言っていたそうです。

 

そんな妻だと、結婚してくれた相手も、いくら美人でも嫌になりますよね、お龍と一緒に上京した、夫と死別した妹(光枝)と、浮気して出て行ってしまったそうです。

 

その後、貧困の中で、寂しく生涯を閉じたそうです。

 

お龍のお墓の場所はどこ?

 

お龍さんのお墓は、神奈川県横須賀市にあります。

お墓がある寺は『信楽寺』

 

亡くなった時は、再婚した夫の姓を名乗っていましたが、その夫とは、別居というより、ほぼ離婚状態、龍馬の妻としてまつられた方が幸せだろうという事で龍馬の妻としてのお墓です。

 

墓碑には、「贈正四位阪本龍馬之妻龍子之墓」と、書かれています。

 

 

なほこ
贈正四位というのは、神道でつけられる身分制度のようなもので、阪本龍馬に与えられたもの、こういう身分の人の奥さんですよって感じかな。

 

信楽寺:横須賀市大津町3-29-1

場所はこちら

アクセス:京急大津駅より徒歩5分

 

なほこ
横須賀と言えば、海軍の町、海の向こうから龍馬が迎えに来てくれそうな・・・そんな街です。

 

横須賀市では、お龍さんを偲んで「おりょうさん祭り」というのがこのお寺であるそうです。(名前の読み方、呼び方はいろいろ説があります)

 

2017年は10月4日に開催されました。

お問合わせ

大津観光協会(大津行政センター内) TEL:046-836-3531

 

 

『お龍』おりょう坂本龍馬の妻を演じた女優たち一覧!

2018.06.26

西郷どんの寺田屋事件23話は坂本龍馬でない1回目の薩摩藩内紛

2018.06.11

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加