亀山社中とは簡単に!現在どの場所に記念館がある?

亀山社中とは簡単にわかりやすく解説!
現在どの場所に記念館がある?

亀山社中とは日本初の会社?わかりやすく説明

亀山社中とは、坂本龍馬が中心の幕末の志士たちと作った貿易会社です。

 

長崎の亀山という場所で作ったので、この名前になりました。

社中という言葉は、組合・結社などの意味です。

 

表向きは、貿易会社ですが、武器を扱うことが多く、倒幕のための政治集団の意味合いも強かったようです。

最初は、1865年(慶応1年)に廃止された海軍訓練所の卒業生の中の坂本龍馬を中心とした20名余りで、薩摩の武器を買い付けに行って、薩摩藩に面倒を見てもらいました。

小松帯刀が、長崎まで付き合ってくれて、そこで仕事を始めるようになりました。

 

なほこ
小松帯刀って、大河を見て居なかったら知らない人物だったんだけど、結構日本の歴史では大切な所を抑えていた人なのね。

 

その後商人である小曾根家などの協力もあって武器・艦船などの輸入を仲介するようになって海運業や航海術などの力を高めて、のちに海援隊と名乗ります。

 

なほこ
あの金八先生で有名な武田鉄矢さんが歌を歌う時のグループ『海援隊』は、龍馬に憧れていたという事でつけたそうです。

 

 

亀山社中が日本で初めての会社だと言う説があります。

商法的には、岩崎弥太郎の作った日本郵船が最初です。

いろいろな法律をひっくるめると、渋沢栄一の作った第一国立銀行という説もあります。

 

なほこ
世界で一番は1602年に作られた「オランダ東インド会社」です^^ 世界では江戸幕府が出来た頃、日本ではその江戸幕府が終わる頃なんですね。

 

ただ、亀山社中は、会社の起源であると言われていて、日本郵船を作った岩崎弥太郎は、龍馬との関係も深く、亀山社中の経理を担当していました。

龍馬とは、上司と部下の関係になりますが、龍馬の性格からすると、もっと気楽な仲間って感じだったでしょうね。

 

なほこ
岩崎弥太郎といったら、龍馬伝での香川照之さんですね、「龍馬伝」は龍馬の人生と一緒に岩崎弥太郎の人生も描いていました。

 

 

 

亀山社中の現在の場所は?

会社としては残念ながら残っていないのですが、
亀山社中資料展示場というのが長崎県にあります。

(画像引用:http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-1158/)

住所:長崎県長崎市伊良林2丁目7−24

現在の場所はこちらです。

 

 

 

亀山社中資料展示場の料金やクチコミは?

実は亀山社中記念館というのもあったのですが、こちらは平成18年に閉館、龍馬や幕末を愛する人達の手で、この展示場が保たれています。

 

入館時間は『9時から5時(17時)まで』です、ホワイト企業って感じですね。

 

記念館の入場料金は、無料ですが、建物維持などの為に募金箱があるようです。

こういうところからも、坂本龍馬のおおらかな「払える人が払えばいい」と言った思いを感じます。

 

駐車場はないので、出来るだけ公共交通機関、または有料駐車場などを探して迷惑の掛からないように行ってほしいです。

 

行った人の口コミの中に、龍馬のお姉さんについて書かれたものがありました。

坂本龍馬を育てたお姉さんは、有名な「乙女」ですが。

感想
乙女姉さんの身長体重は175センチで110キロと紹介されていました

 

なほこ
えええ・・・乙女さんを演じている女優さんってすらりとしたイメージなんだけど、福山雅治が出演した時の、マツコ・デラックスの夜を徘徊する番組を思い浮かべてしまった!!
感想
部屋の中一面の幕末の有名人、土佐・薩摩・長州だけじゃなくて、幕府側、朝廷側いろいろあってここを眺めているだけで時間が足りなくなりそう!

 

感想
ここまで登るのに昔は龍馬通りの長い階段を使いバテバテだった記憶があったので、バスを使い下車後、風頭公園を抜けて立ち寄りました

 

資料の数を多いと感じる人、少ないと感じる人、お土産売り場みたいな商業的な所という意見いろいろ・・・です。

なほこ
入館無料でも、維持するためには、お金が要ります、その辺、歴史を愛するものして、考えてほしいなって思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加