西郷隆盛の結婚歴と3番目の相手『岩山糸』とはどんな人?

西郷隆盛の結婚歴と3番目の相手『岩山糸』とはどんな人?

西郷どんでは2018年8月5日放送で西郷隆盛が3番目の妻である『岩山糸』と結婚します。

西郷隆盛の結婚歴は3人の結婚相手がいるので興味深いですね~。

今回は3番目の結婚相手である『岩山糸』さんについて主にまとめてみました。

 

西郷隆盛の結婚歴と3人の妻とは?

 

西郷どんではすでに、2人の結婚相手とのストーリーが放送されましたね。

一人目は『伊集院須賀』です。

 

1852年
西郷隆盛が26歳の時の結婚相手。

妻の実家や家族: 弟は伊集院兼寛

結婚生活: 西郷家は武士の家とはいえ貧困な状態にあったうえに、年老いた両親や、多くの弟・妹もいる大所帯でした。さらに、この頃、西郷隆盛は藩主(斉彬)の命により、江戸や京へいくことも多く、家を留守にしていました。

離婚理由: 1854年、西郷隆盛が江戸に行っている間に妻の須賀は実家に帰ってしまい、離縁となりました。

西郷隆盛の妻1人目の伊集院須賀との離婚理由は?キャストは?

2018.01.16

 

 

2人目の結婚相手は『愛加那』です。

 

1859年
西郷隆盛が奄美大島に島流しにされた時

妻の実家や家族: 龍佐恵志(りゅうさえし)の娘

妻の名前: 於戸間金(おとまがね)
結婚後に愛加那と改名。

西郷隆盛が35歳の時に、第一子である『菊次郎』
その2年後に『菊草』が誕生しました。

離婚理由: 西郷隆盛が鹿児島へ帰ることになり、島妻の愛加那は鹿児島ヘはついていけない規則がありました。

愛加那の子孫(子供)は?その後の生涯はどうなったのか

2018.05.20

 

 

 

西郷隆盛の3人目の妻『岩山糸』の実家・両親・兄弟

 

岩山糸(岩山糸子ともいわれる)

父親は岩山八郎太直温です。
母親は岩山栄です。

5人兄弟での次女で、姉、妹が2人、弟がいます。

糸の生年月日は、1843年7月17日。

 

結婚した時の年齢

 

西郷隆盛と結婚したとき2人の年齢は
隆盛は39歳
糸は23歳
でした。

なほこ
大河ドラマ西郷どんでは、まるで同い年のように描かれていますが、実際はかなり糸さんは年下だったんですね~。

 

西郷隆盛が糸と結婚したのは1865年です。

 

西郷隆盛と妻の糸との子供は?

 

3人の子供が誕生しました。

  1. 寅太郎(とらたろう)
  2. 午次郎(ごじろう)
  3. 酉三(ゆうぞう)

 

西郷隆盛の子供は
2番目の妻『愛加那』との間に2人。
3番目の妻『糸』との間に3人。

名前の付け方がとても単純だったとも言われています。

なほこ
名付けにはあまりこだわらないタイプだったんでしょう。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加