生麦事件とはわかりやすく簡単に!場所はどこ?島津久光と薩英戦争

生麦事件とはわかりやすく説明!場所はどこで?島津久光とイギリス人と薩英戦争

西郷どんの25話で起こるのが『生麦事件』です。

生麦事件って中学の社会(歴史)の時間に習ったけど、どんな事件だったっけ?

今回の記事では、薩摩藩が関係する歴史的な『生麦事件』についてわかりやすく紹介します!

 

生麦事件をわかりやすく解説します

 

これは実際に現在の中学1年生の社会の教科書です。

生麦事件について、こう書かれています。

 

 

 

生麦事件とは

薩摩藩士が、横浜近郊の生麦村(神奈川県横浜市)で、行列を横切ったイギリス人商人を殺害しました。

生麦事件のその後

生麦事件の報復のため起こった薩英戦争で、鹿児島はイギリス艦隊に攻撃され敗北します。

近代化の必要性をその時痛感した西郷隆盛や大久保利通は、その後薩摩の実権をにぎり、イギリスに接近して軍備を強化しました。

 

 

生麦事件をもっと詳しく解説

 

時期:1862年(文久2年)8月21日

行列の大将:薩摩藩の国父『島津久光』

斬りつけた薩摩藩士:奈良原喜左衛門

亡くなったイギリス人:リチャードソン(英国商人)

場所:武蔵国生麦村(神奈川県横浜市)

 

島津久光はなぜ生麦村にいた?

久光は『公武合体策』を実現するために江戸に出ていて、その帰り道、生麦村を通っていた。

 

どんな事件だっのか?

島津久光が率いる大名行列が江戸から薩摩への帰路、生麦村を通っていた時、行列を馬に乗ったまま横切ったイギリス人一行(4人)がいた。

奈良原喜左衛門は、そのイギリス人(リチャードソンら)4人を斬りつけたのです!

リチャードソンは絶命。

その他に2名のイギリス人も重症。

 

当時は大名行列を乱すことは何人たりとも許されない時代だったんです。。。怖い

 

生麦事件で亡くなったイギリス人リチャードソンとは?

 

項目 内容
国籍 イギリス
本名 チャールズ・レノックス・リチャードソン
職業 商人
仕事内容 中国の上海で財をなしイギリスに帰る途中だった
来日していた理由 日本を観光
生麦村を通過理由 川崎大師へ向かう途中だった

⇒生麦事件の暗号【電子書籍】はこちら

イギリスが怒る!

イギリスは幕府と薩摩藩に対し、斬りつけた犯人の引き渡しと賠償金を要求しました。

幕府の松平春嶽らはイギリスに賠償金を支払いましたが・・・

薩摩藩は拒否しました。

 

生麦事件は薩英戦争につながった!

 

1863年(文久3年)薩摩藩とイギリスは戦争になりました。

世界に誇るイギリスの軍艦に薩摩藩(鹿児島)は攻撃されます。

イギリスに軍事力で勝てるわけありませんよね・・・

薩摩藩はイギリスに負け、和解交渉を行いました。

 

開国路線へ方向転換するきっかけとなった

 

大敗北し、近代化の必要性を痛感した西郷隆盛や大久保利通。

『尊皇攘夷』の無意味さに気付き、開国路線』に方向転換しました。

これが明治維新の一因になったとされます。

薩摩の西郷たちは、イギリスに接触して軍備を強化しました。

 

生麦事件の起こった横浜の場所は?

 

場所はこちらです。

住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1丁目16

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加