西郷隆盛の島流し2回目の理由や場所や期間や島の名前は!

西郷隆盛の島流し2回目の理由や場所や期間や島の名前は!

西郷どん24話(2018年6月24日放送)では、西郷隆盛が2回目の島流しになります。

そこで2回目に島流しされた理由や場所などをまとめてご紹介します。

西郷隆盛が島流しされた2回目の理由とは

簡単に言うと、島津久光を怒らせたからです。

①世間知らずの島津久光が実行しようとした上京計画を、西郷吉之助は時期尚早だと反対したのです。

②西郷吉之助は島津久光に向かって『地ごろ』(田舎者)だと言ったとかいう話もあります。

西郷吉之助は、前の藩主 島津斉彬のように中央政界に広いパイプも顔なじみもない久光が、京や江戸に行ったも上手くいかないと見えていたのです。

③久光は西郷の話も聞かずに上京計画を実行しました。そして西郷に『先発し、下関で待て』と命たのです。しかし、尊王攘夷の過激派の動きを阻止(説得)するため、下関をたって京へ向かってしまったのです。

 

命令を無視した吉之助に激怒した久光。

西郷吉之助に罪人としては特に重い島流しを命じました。

 

こちらに書いています。

西郷どんの23話動画を見逃し視聴!23話ネタバレ感想も

2018.06.18

 

西郷隆盛が島流しされた場所

島の名前は
徳之島沖永良部島です。

 

西郷隆盛が島流しされていた期間は?

 

西郷隆盛が36歳のときに2回目の島流しにあいます。

1回目の島流し先の『奄美大島』にいた期間は3年間。

では、厳しい島流しだった『沖永良部島』にいた期間は・・・

1年6ヶ月間でした。

 

西郷隆盛が沖永良部島にいた期間は?島民へ何を与えたのか!

2018.07.02
 
 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加