西郷隆盛の娘『菊草』のわらべ歌と生涯と子孫は!

西郷隆盛の一人娘である『菊草』

西郷どんでは24話で初めて登場します。

愛加那が徳之島に送られた西郷吉之助を追いかけて、子供の菊次郎と産まれたばかりの娘『菊草』を連れて来たのです。

今回の記事では、
西郷隆盛の子供の中で、唯一の娘になる『菊草』についてまとめてみました。

 

西郷隆盛の娘の手遊び歌が有名!

昭和中期から流行った手合わせ遊び(わらべ歌)に『一かけニかけて』という歌があります。

それは、西郷隆盛の娘(菊草)が歌詞に登場する歌なのです。

歌詞の一部に
「私は九州 鹿児島の
西郷隆盛の娘です。」
とあります。

さらに
「明治十年 戦没に
討ち死にされた父上の
お墓参りにまいります。」
と歌われます。

こちらです。

 
このわらべ歌には、西郷隆盛と娘『菊草』の切ない物語が歌われていたのです。
 

西郷隆盛の娘『菊草』の生涯・画像

 

菊草(きくくさ)

1862年~1909年

菊草の画像がありました!!

⇒画像はこちらの奄美新聞さんのHPより

 

菊草(菊子と呼ばれる)

菊草は西郷隆盛の子供の中で、唯一の娘なのです!

父の西郷隆盛が鹿児島へ帰ったあと、子供たちも西郷家に引き取られました。

菊草は12歳から母の愛加那と離れて西郷家へ行きます。

西郷家に行ったときから名前を『菊子』と変えたようです。

菊草(菊子)は、大山巌の弟である
大山誠之助と結婚し、大山菊子と名前を変えました。

しかし
夫の大山誠之助は金銭にだらしがなく、兄の大山巌の名声を利用して借金をかさねなどしていたため、大山邸は売却されました。

また、夫の家庭内暴力もあったと言われています。

その後、夫とは別居。

 

子供と共に京都市長をしていた実の兄『西郷菊次郎』宅で一緒に暮らしました。

奄美大島の母 愛加那のところには一度もたずねていません。

1909(明治42)年、菊次郎宅で享年48歳の若さで死去しました。

 

西郷隆盛の子供で奄美大島の菊次郎と菊草の生涯は!画像あり

2018.06.15

菊草の子供(子孫)は?

菊草は大山誠之助との間に4人の子供がいました。

名前は

  • 米子
  • 慶吉
  • 綱吉
  • 冬子

です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

なほこ

今回は記事を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当サイトでは今後も大河ドラマをもっと深く楽しめるよう新しい情報を配信していきます♪

LINE@にてお友達登録して頂ければ、最新の情報をいち早くお届けできます。

何か気になることや調べてほしいことなどありましたらLINE@にてお気軽にコメントいただけると、記事にしてお伝えしますね!

↓こちらから↓
友だち追加