『麒麟がくる』の意味が奥深かった!2020年大河ドラマ

『麒麟がくる』の意味が奥深かった!2020年大河ドラマ

俳優の長谷川博己さんがついにNHK大河ドラマで主演を務めます!!

似合ってますね~^^

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』ですが、戦国武将の明智光秀をテーマにした大河ドラマということで、絶対おもしろそうですね~!

さて、タイトルの『麒麟がくる』ですが、どんな意味があって、明智光秀の生涯とどうクロスした意味があるのか?

まとめてみました。

『麒麟がくる』の意味

明智光秀=麒麟

?????

何のこと?と思った方の方が多いでしょう。

もちろん、上の画像の『きりん』ではありません(笑)

 

同じ麒麟でも、お笑い芸人の『麒麟』とも違います。

では、明智光秀の生涯に麒麟がどう関わってくるのかを考える前に、『麒麟』とは何なのか?を知っておきましょう!

 

麒麟(きりん)とは?意味は?動物?

麒麟とは意味がピンと来ない人のほうが多いでしょうが、日本人には以外になじみ深いキャラクターです

例えば日本の総合飲料会社であるキリンホールディングス株式会社のビールのラベルに使われているシンボルマークが有名です

 

麒麟とは、中国の神話に出てくる伝説上の生き物です。

性格はやさしく、殺生を嫌う霊獣とされています。

中国の周~漢の時代にまとめられた儒教の書物『礼記』では、仁のある政治を行う名君が誕生したとき、麒麟が現れるとされています。

 

『麒麟がくる』の意味と明智光秀との関係性は?

大河ドラマ麒麟がくる舞台は戦国時代です

1467年に応仁の乱が起きて以降長く戦乱が続きました

麒麟がくる主人公である明智光秀が活躍した時代は応仁の乱から100年の年月が経っています

100年もの長い一般の民達は戦に巻き込まれ飢えに苦しんでいました

早く戦乱の世が終わってほしい

平和に暮らせる世を作ってくれる名君は現れないものか

民達の願いは切実なものであったでしょう

明智光秀はこれまで主君を討った裏切り者とされ歴史ドラマの主役としてスポットが当たることは少なかった人物です

しかし明智光秀は織田信長の正室濃姫の従兄妹であり織田信長が天下統一を目指す姿をそばで見る立場にありました

戦国時代の終盤天下統一に向けた群像劇を描くのにうってつけの人物と言えるでしょう

明智光秀自身たった13日間ではありましたが天下に手が届いた存在でもありました

光秀が統治した地域では百姓達に慕われ人徳のある人物だったとの伝承が残ります

裏切り者の汚名を着てしまいその功績は薄れていますが時代や立場が違えば名君となりえた人だったかもしれません

光秀を主役とする大河ドラマに麒麟という言葉を入れた意味がここにあると思われます

従来のドラマのように脇役だったり性格の屈折した悪役といった描かれ方ではない新しい明智光秀像を観させてくれるものと思います

民が渇望する平和な世の中はいつやってくるのか

戦乱の世の終結に向けどんな人物がどんな動きをしていくのか

戦国武将達の生き様死に様をドラマチックに描いてくれるものと期待しています

 

『麒麟がくる』の意味は、救世主があらわれる?

中国で古より伝わる麒麟伝説があります

その伝説とは国王がある政事を実行する際に必ず聖なる麒麟とぽ呼ばれる獣が出現するというものです

*画像元:日光国立公園観光レジャー

その姿は龍の顔を持ち尾鱗を持つ鹿に似た胴体牛の尾と馬の五色の背中の毛…、麒麟を傷つけたり死骸に出くわすことは不吉なこととされていました

 

今回の2020年のNHK大河ドラマでは応仁の乱の後の荒れ果てた世の中を改めて民を飢餓や戦さの苦悩から救ってくれるのは誰なのかという意味合いから戦国の世に現れる救世主たる人物の事を主人公である明智光秀に重ねて表現しているのもと思われます

若い時期に戦国の梟雄と呼ばれた美濃の斎藤道三を主君に仰ぎ幾多の戦場を駆け抜けその教訓を胸に抱き足利義明を奉じてやがては天下人たる織田信長の最も信頼を得る武将となり多くの武将たちと天下を目指す戦いに身を投じる智の武将明智光秀

 

麒麟がでは謎に包まれた光秀の前半生にもスポットを当ててその生涯を中心として他の戦国の英雄たちとの戦いや協力その生きざまを描き出します

 

今のこの時代旧来の価値観が崩れて新しい道への対応を迫られている多くの人々に向け同じく先が見えなくなっていた戦国時代の混迷の中を命がけで新しい希望を追いかけ続けた明智光秀と数多くの英雄たちの志を情熱的なアプローチで描き出し新しい時代を迎える多くの日本人にその生きざまを伝える一大抒情詩です

 

麒麟がくる最新の学説からも新しい解釈がされ始めている英雄たちの実像を旧来の定説を覆す解釈で描いています

 

根本的な部分恨みによって本能寺の変を起こして信長を葬った謀反の武将というイメージを覆し勇猛にして知性に満ちあふれた明智光秀を伝説の麒麟準えて新たな一面を描きだします

 

歴史的に証明された史料がほぼ残存していない若き頃の明智光秀を独自の解釈で描きます

 

また時代の破壊者のイメージが強い主君織田信長をも近年の研究で再発見された保守的な側面や父信秀から確実に受け継いだ財務の面や領国経営の才覚も解き明かしていきます