西郷どん1話のロケ地『飯高寺』の場所と感想!忍の国の

西郷どん1話で郷中の子供たちがゴールしたお寺のロケ地が判明!

1話で『妙円寺詣り』という各地域の郷中が速さを競い合う競技で、最後に赤木様が待っていたゴールのお寺『妙円寺』のロケ地は、実は有名なお寺だったのです。

西郷どんのロケ地『飯高寺』の場所と感想をまとめてみました。

西郷どん ロケ地 (1話)飯高寺の場所は?

 

 

西郷どん1話で『妙円寺詣り』のゴールとなったお寺のロケ地が千葉県にある『飯高寺』

普段はこんな雰囲気です。

 

一番のりして喜び合う下加治屋郷中の子供たち

後ろにある鐘。普段はこんな景観です。

 

このロケ地に使われた場所は、千葉県匝瑳市飯高1789にある『飯高寺(飯高檀林跡)』です。

場所の地図がこちら。

西郷どんロケ地の『飯高寺』は映画『忍びの国』でも使われていた!

 

この西郷どん1話で使われたロケ地の『飯高寺』(千葉県匝瑳市)ですが、

なんと!

嵐の大野智さんが主演を務めた映画『忍びの国』でも、ロケ地として使われていたのです。

その映画『忍びの国』とはこちら


「忍びの国」 豪華メモリアルBOX [ 大野智 ]

そして、この『忍びの国』には、西郷どんで主役をつとめる俳優の鈴木亮平さんも出演!

平兵衛:鈴木亮平

 

『飯高寺』がロケ地で使われていたドラマや映画は?

NHK朝の連ドラ『とと姉ちゃん』

NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』2010年
シゲ少年が友達と歩いていた森(シゲが友達にからかわれていた場所)

映画『忍びの国』
キャスト:大野智、石原さとみ、鈴木亮平

NHK大河ドラマ『西郷どん』

飯高寺は、周囲を覆ううっそうとした杉林が、歴史の重みを感じさせてくれます。

昔の時代を撮影するロケ地としては最高な場所ですね。

今回の記事では、1話のお祭りでゴールしたお寺のロケ地を紹介しましたが、実はスタートの時に長い階段を駆け下りたロケ地は鹿児島でした。

あのキャストの子供たちは、千葉県と鹿児島県でロケを行ったんですね~!

その鹿児島県のロケ地についてはこちらに紹介しています。

西郷どん1話のロケ地は鹿児島県 精矛神社!場所はどこ?

2018.01.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です